OGKのエアロヘルメットAERO-R1 TR(マグネットバックル版)レビュー

トライアスロンのレースに臨むにあたって、高速走行時の空気抵抗を減らすのにヘルメットのエアロ化は効果が高いといわれる。OGK Kabutoのシリーズで、普段使いしやすいショートテールのエアロヘルメットが出ているのを知り、久々に買い替えてみた。

スポンサードリンク

フレームより投資効果の高いヘルメット

トライアスロン用の装備というと、高速巡行時の空気抵抗を減らすエアロバーやディープリムのホイールがまず思い浮かぶ。平べったい形状をしたTTバイクに、思い切り前傾姿勢でまたがるというイメージだ。

ただし、1台のバイクでヒルクライムやエンデューロに出ようと思うと、ブルホーンハンドルのTTバイクは規定を外れてしまう。平地走行と登坂性能はトレードオフなので、思い切りエアロ仕様で固めたバイクで山を登るのはつらいし、下りも前傾しすぎると危ない。

レースに合わせてエアロバーを着脱したり、工具とスペアパーツがあればホイールも交換できる。それよりも容易に差替えできて、費用対効果が高いといわれる道具が、スキンスーツとヘルメットだ。

前方投影面積からすると、バイクのフレームより人体の方が大きい。ピタピタのスキンスーツは効果が大きいといわれるが、そこまで行かなくてもショートスリーブのトライスーツで恩恵は受けられる。

練習用には締め付け緩めのサイクルジャージを着ているが、レース本番で2XUのコンプレッションウェアを着ると、わずかにスピードが速くなる。袖がないので、日ごろさらしていない肩まわりが思い切り日焼けするが、それでもタイム向上のため我慢して着ている。

8年使ったOGKの廉価ヘルメット

ヘルメットはこれまで、OGKの名前もわからない5千円くらいのモデルを着用していた。はじめて昭和記念公園のスプリントレースに出る際に、ヘルメット装備が必須だったので東急ハンズの自転車売り場で買ったものだ。まだロードバイクも持っていなくて、ヘルメットとサイコンだけ間に合わせてシングルギアの自転車で出場した。

それから8年、ロゴのシールも塗装も剥がれて見た目はみすぼらしくなったが、本体やベルトに不具合は生じていない。内側に貼るクッションパーツも、替えが入っていたので十分間に合っている。

毎回自転車に乗るたび、ベルトが汗臭くならないように、丸ごと石鹸でごしごし洗って干している。結構雑な使い方をしてきたと思うが、さすが定評あるOGK。まだまだ何年も使えそうだ。

ただし1万円もしない格安製品とあって、外観のデザインが洗練されているとはいえない。購入時は「頑丈な方がよいだろう」と思って、予算内で一番ごついヘルメットを選んだ。側面の厚みが大きいので安全性は高いと思うが、見た目はもろにキノコ頭になる。

幾多のレースに出場して、ゼッケンシールの跡がベタベタに残ったヘルメット。シール剥がしの溶剤で取り除こうと思うが、塗装がさらに傷みそうでためらわれる。レースが終わったらシールはすぐに剥がさないと、なかなか厄介なことになる。

また、当時は汚れが目立ちにくそうなブラック色を選んだのだが、夜間の視認性を考えると目立つ色の方が好ましい。後頭部のベルト部分にクリップ型のLEDライトを付けたりしていたが、やはりジャージに合わせてヘルメットも白や黄色に替えたくなってきた。

ショートテールのエアロヘルメット

数年前にGIROのAir Attack Shieldが発売されて、後頭部が長くないショートテール型のエアロヘルメットというジャンルが普及してきた。エイリアン型のヘルメットより空力性能は劣るが、普段使いできてロードレースにも兼用できる「セミエアロ」というコンセプトに魅力を感じる。

しばらくすると、METからも2万円前後のRIVALEやMANTAという製品が出てきた。見た目は普通のヘルメットに近いので、どこまでエアロ効果が期待できるかわからない。眼鏡型のシールドを省いた分、GIROより安いのだろう。少なくとも値段的には、OGKの無名ヘルメットより性能向上が期待できる。

さいたまクリテリウムにブースが出ていたので試着させてもらたったが、さすがに見た目はOGKより抜群にかっこよかった。キノコ度ゼロとはいえないが、全体的にコンパクトでだいぶましな気がする。

リヴァーレとマンタでは穴の数が異なり、後者の方が空気抵抗が少なく、価格もやや高くなる。エアロヘルメットは夏場に蒸れるというので、涼しげなリヴァーレの方がいいか、それともせっかく買うなら本気度の高いマンタがいいか…悩んでいるうちに時間が経ってしまった。

春先からトライアスロンの大会にいくつかエントリーして、今年ことはヘルメットを買い替えようと思っていたら、たまたまアスロニアのトークイベントで店内に展示されていたOGKのAERO R1を見つけた。

OGKはシールド付きで2万以下

後発製品として売りの機能はいろいろありそうだが、シールド付きで定価19,000円というコストパフォーマンスに惹かれた。

GIROの新製品VANQUISHは36,000円、METのTRENTA、カーボンモデルはシールドなしでも36,400円。KASKのInfinityは29,500円で、新製品のUTOPIAは国内価格がまだ発表されていないが、安くなることはないだろう。

唯一METのRIVALE HESが15,200円が最安レベルだが、見た目的にはエアロ仕様というより普通のヘルメットに近い。OGK AERO R1の競合製品はMANTAの方で、価格は23,800円だがシールド付きな分OGKの方がリーズナブルに見える。

たまたまミドルディスタンスの徳之島トライアスロンを控えていて、距離も長いので新ヘルメットでのぞみたいと思った。Amazonで調べたところ、翌日配達のプライム対応、マットホワイトS/Mサイズだと、マグネットバックル版TRの方だけ在庫があった。

結果的に税込18,000円、定価の2,000円引きで翌日には入手して、レースに間に合わせることができた。通常バックルだとさらに安いが、磁石で着脱できるバックルが意外とおもしろい。金額的には大差ないので、TRの方を選んでよかったと思う。

海外製品よりコスパで勝るOGK

「次にヘルメットを買うなら見栄えのする海外製品」と考えていたが、OGKのエアロヘルメットもまんざら悪くない。控えめにKabutoのロゴが側面に貼ってあり、穴の数はGIROより多くMETのマンタと同じくらい。頭頂部やや後ろのシールは目立たないが、ちょっとださいのでいずれ剥がそうかと思う。

他社製品と似た丸っこいかたちだが、後頭部がGIROのAir Attackより尖って開口が大きくとられている。この部分が「ウェイクスタビライザー」という特許取得の独自形状で、後方の乱流を整える効果があるらしい。

その他、後頭部のアジャスターが上下可変になっていたり、交換用インナーパッドがついてくる。OGKの2万円ヘルメットとして、基本機能はしっかりしていそうだ。悩みの種であるあごひもに消臭繊維が使われているのも地味にうれしい。

空気抵抗が少ないと首も疲れない

さっそくAERO R1をかぶって多摩川サイクリングロードを軽く走ってみた。重量的にはS/Mサイズで215g、エアロヘルメットとしては軽い部類だと思う。OGKの旧ヘルメットが重すぎたので、まるで完成車のWH-R500ホイールからカーボンホイールに乗り換えたくらいのインパクトがある。

走ってみると、頭部にかかる空気抵抗が少ないからか、「首が疲れない」というメリットがあることに気づいた。ヘルメット自体の軽さもあると思うが、風圧が減るとそれだけ首の負担も軽くなる。レースで前傾姿勢を続けると、とにかく首や肩が疲れるので、重量も空気抵抗も含めて「頭が軽くなる」のは非常にうれしい。

厳密な計測ではないが、35km/hを越えたあたりの速度域で、5~10%くらいスピードが増す気がした。気分的なものもあるが、はじめてエアロバーを取り付けたときくらいの効果は実感できる。

走り続けていれば蒸れない

気になる通気性だが、OGKのうたい文句どおり効率的なエアルートが確立されているのか、走行中は以前のヘルメットと変わらないくらいの装着感だった。

ただし、信号待ちやスマホ確認で停車すると、まるで頭だけサウナに入っているように猛烈に汗が噴き出してくる。インナーパッドの額部分は、すぐに飽和してシールドの中に汗がしたたり落ちてきた。視界を確保するのに、Haloクラスの強力な汗止めヘッドバンドは併用必須だ。

絶え間なく走り続けて空気が供給されていれば、後頭部の大きな開口部から気持ちよく風が抜けていく。ヒルクライムなど低速走行でも、動いているかぎり頭部の蒸れはさほど気にならない。

しかし立ち止まったとたんに熱気がこもるので、コンビニに立ち寄るときなどは、すぐヘルメットを脱いだ方がよさそうだ。夏場は信号待ちで数10秒止まるときですら、いったん脱いでハンカチで汗を拭いたくなる。頻繁に着脱していると、TRのマグネットバックルが意外と役に立つとわかった。

慣れれば便利なマグネットバックル

AERO-R1でTRが付く型番は、1,000円高くなるかわりにあごひものバックルがマグネット仕様になる。最初は余計な機能かと思ったが、慣れるとなかなか使いやすい。

装着時はバックル同士を近づけると、磁石の力で引き寄せられて自動的にロックされる。ただしバックルの向きをそろえないと、表裏でくっついて失敗するので練習が必要だ。外すときは、バックル側面の出っ張りを親指で押してスライドさせると簡単に外せる。慣れればバックルの取り外しは片手で済ませられる。

磁石でくっついているだけなので、衝撃で外れたりしないか肝心の安全性が気になるところだ。その点あごひもを引っ張る方向に関しては、プラスチックのパーツがしっかり噛み合っているで、不要に外れる心配はない。

無意識に片手でバックルを外せるくらい使い慣れておけば、レースのトランジションで焦ることなく着脱できるだろう。買ってすぐだと普通のバックルと構造が違うので、かえって手間取るかもしれない。要は慣れの問題で、熟達すればマグネット仕様の方が着脱のストレスが少なくなりそうな気がした。

定価でわずか1,000円の違いなので、せっかく高級ヘルメットを買うならTRのマグネットバックルを試してみてもおもしろいと思う。

シールドの着脱にはさらに慣れが必要

GIROのAir Attackに似たシールドは、反転させて上部に収納できる。ただしこの状態だと前頭部の空気取り入れ口を塞いでしまうので、つけるか外すかどちらかにした方がよいだろう。

前頭部の磁石3か所でシールドを支持する構造になっているが、走行中はぐらつきもなく安定性は問題ない。顔面との間に多少隙間があるので、がんばればシールド内部にハンカチを差し込んで額の汗をぬぐえる。

ただし、走行中にシールドを外して反転収納するのはなかなか難しい。マグネットが噛み合うまで何度か位置を調整する必要があるので、サングラスのように片手で着脱するのは容易でない。

オプションでシールドを替えられる

デフォルトで付いているシールドは薄くグレーがかっていて、快晴の日には濃さが足りず、夕暮れはやや不安になる感じで中途半端だ。オプションのARS-3 SHIELDで、透過率92%のクリア仕様から最低20%のシルバーミラーまで、いくつか種類を選べる。

特殊製法で重量も標準シールドより半分くらい軽くなる。ただシールド単体で5,000円以上するので、汎用性のあるサングラスに投資するか迷うところだ。シールド併用でエアロ効果はアップすると思うが、使い勝手は普通のサングラスが勝る。

シールドを着けると視界がやや歪む気がするが、10年近く使っているオークリーのFlak Jacketの方がレンズが劣化してもっとひどい。シールドやサングラスのレンズは、ぶつけたり落としたりしてどうしても傷がつくので、消耗品と割り切った方がいいのかもしれない。

オークリーのサングラスは高級品なだけあってレンズ交換可能だが、正規品だと替えのパーツが1万円近くする。偏光レンズも一度試してみたいが、そちらはさらに高額だ。

以前Amazonで買ってみたZEROのクリアレンズは、互換性に問題なかったので、買い増してもいいかと思う。少々高くなるが、偏光レンズも安く手に入るので試してみたい。

ホイールより投資効果の高いエアロヘルメット

はじめて試した1万円以上の本格ヘルメット。エアロ仕様のOGK AERO-R1 TRは有意義な投資だった。バイク本体のパーツ交換やポジション変更など、面倒な手間をかけずにエアロ効果を実感できるのもうれしい。

2万円程度の出費で済むので、リムの高いホイールを買うより先に、エアロヘルメットを買い替えればよかったと思う。素人でも実感できるくらい費用対効果が高く、地味だが役に立つアイテムだ。

スポンサードリンク