青梅丘陵ハイキングコース、矢倉台から辛垣城・雷電山を経て軍畑駅まで

連日猛暑が続いている東京。標高の高い山の上なら少しは涼しいかと思って、ハイキングに行ってみた。いつもの奥多摩だが、たまには趣向を変えてハセツネコース以外の山を選んでみた。


昼頃から半日で回って来られたのは、青梅丘陵のハイキングコース。距離的には高水三山というのを経由して、御嶽駅まで下りようかと思ったが、あまりの暑さに水が尽きて軍畑駅にエスケープした。標高500mくらいの山頂では、たいして涼むこともできなかった。

スポンサードリンク

青梅は山に恵まれている

青梅までは自転車自走。12時頃に到着したが、すでに汗だくでコンビニのピルクル500ml補給した。青梅駅の裏に永山公園という丘陵があり、テニスコートのある坂を上るとハイキングコースの始点に出られる。

桜見本園の階段を上った先に青梅鉄道公園という施設があり、家族連れでにぎわっていた。埼玉にある鉄道博物館に似ているが、屋外展示されている車両は蒸気機関車ばかり。最新の車両でも1969年の0系新幹線と、かなり古い展示物に見えた。

ハイキングコースの青梅側はほぼ舗装されていて歩きやすい。地元の人の散歩コースになっているようで、暑いのにわりと人が多かった。フル装備のトレラングループもいる。

青梅マラソンに向けての練習か、普段から青梅街道沿いを走っている人は多い。青梅の人は鍛えているイメージがあるが、すぐ裏の山に、ゆるく走れるハイキングコースがあるのは恵まれている。

山沿いから都心に通える高尾に住む人が増えていると聞くが、青梅もなかなかいいと思う。運よく青梅特快に乗れれば、新宿まで1時間以内で着く。ただし毎日通勤するとすれば、中央特快と京王線の特急、どちらも使える高尾駅の方が便利といえる。

灼熱のハイキングコース

とりあえずハイキングコースの終点らしい矢倉台を目指して歩く。道のりは3kmでなだらかだが、普通に歩いているだけで額をしたたる汗が止まらない。

休憩中、地元の人から聞いた話では、「普段は風が吹いて3~4度涼しいはずだが、今日は全然ダメ」とのことだった。たとえそのくらい気温が下がったとしても、ふもとは36度もあるのでたいして変わらないだろう。始終木陰にいても、運動量がそれなりにあるので暑さが和らぐ気配はない。

ハイキングコースには途中4つの休憩所がある。ただしいずれも見晴らしの良い高台にあり、日影がなく暑そうだったので寄らなかった。

ときどき青梅の町を見下ろせる展望スポットがある。反対側の飯能の方を見渡せばすでに山深いが、このあたりはまだ序の口なはずである。

遠く秩父の方まで、延々と山並みが続いている。奥多摩から南の丹沢方面はだいぶ歩いたが、北の秩父川はほとんど自転車でしか行ったことがない。これから登山道も開拓していくのが楽しみだ。

矢倉台以降は本格登山道

矢倉台を超えると徐々に本格的な登山道になる。あまりに暑すぎるのか、日曜でもすれ違った人はまばらだった。こんな日でも山に登るような本気の人は、雲取山とかもっと奥の方を攻めているのだろう。

ハイキングコースに毛の生えたような地味な登山道は、案外人気がない。遠方の人を呼び込むには特徴が少ないし、地元の人が散歩するにはやや険しすぎる。途中の三方山や辛垣城跡も地味で、これといった売りがない。マーケティングの難しい登山道だ。

山と高原地図』で、青梅丘陵ハイキングルートは一回り細い線で表現されている。凡例を見ると「遊歩道など」になっているが、矢倉台以降は未舗装でそこそこ傾斜がきつい。普通の登山道と思った向かった方がいいだろう。

一か所だけわかりにくい分岐あり

矢倉台の先に一か所だけわかりにくい分岐があり、なんとなく上り坂を避けて右の巻き道の方に進みたくなる。

すぐ横の木に「山道を経て栗平方面へ」となかば埋もれかけた道標があり、引き返すことができた。

それ以外は、軍畑と青梅方向への距離がこまめに掲示されていて、親切な登山道だ。道標がない分岐点はほかにもいくつかあるが、どちらを進んでも合流するかたちだった。

不思議な鳴き声のセミ

途中、地図にない「名郷峠(長尾峠)387米」という分岐があった。ここから下りれば二俣尾駅にショートカットできるようだ。線路に沿ってすすむルートなので、要所要所に駅へ下るエスケープルートが用意されているのはありがたい。

道すがら、ほとんど木陰で日が当たらないのはいいが、風がないのでムシムシする。あまりの暑さに鳥もバテているのか、聞こえるのはセミの鳴き声ばかり。

途中、体調3cmくらいで羽根が透明のセミが大量に発生していて、羽虫のようにバチバチ体に当たってきた。「ケッケッケッ」という独特な鳴き声で、最初は鳥なのか虫なのか不思議に思ったが、小型のセミのようだ。

あとで調べると、チッチゼミというのに近そうだが、Youtube動画で確認した鳴き声からするといまいち自信がない。セミの種類というのもそれほど多くはないはずなので、今度見かけたらじっくり観察してみたい。わりと警戒心が強いらしく、素手で捕獲するのは難しそうだった。

まだ見ぬ辛垣城

このルートで唯一の見どころといえるのが辛垣城(からかいじょう)と呼ばれる城跡だ。三田氏という豪族が治めていたが、1563年頃、北条氏に滅ぼされたとの説明がある。ちょうと八王子の滝山城に似て、地味な曲輪や堀切が連なる山城らしい。

城跡を見に行くには登山道からそれて、かなりの急坂を登る必要がある。なるほど居城に選ばれるだけある天然の要害で、見学するのはまた今度にした。

標識が目立つ雷電山

辛垣城の先に標高494mの雷電山という頂がある。Mt. Raiden、こんな地味な場所にしては、奥多摩界隈で見たことがないくらい標識が立派だ。

先ほどハイキングコースですれ違った人は、「青梅から秩父にかけてよく雷が鳴る」とのことだったので、名前の由来はそれだろう。標高は低いが、ここまで上って下りる傾斜が半端でない。新しめの階段が設置されているが、日の出山の山頂付近にあるのと同じくらい長い。

真夏の登山に水はたっぷり必要

雷電山の山頂で休憩したら、ちょうど水を飲みほしてしまった。ナルゲンの0.65リットルボトルにたっぷり入れてきたが、この気温で3時間活動したらもう足りなくなった。食料は十分にあるが、水が尽きるとかなりピンチだ。

夏場の登山は1リットルか、2リットルくらいほしい。グレゴリーのトレランバッグに付属していたウォーターリザーバーは処分してしまったので、最近出ている折りたためるタイプの水筒を用意しておきたい。P

latypusが有名だが、EVERNEWの方が少し安い。もっとも手に入れやすいのは、モンベルの製品だろう。

ナルゲンの固いボトルは安定感があるが、さすがに2リットルの水を持ち運べる容器ではない。中身が減るにつれて容量圧縮できるパッケージの方が、圧倒的に便利だ。

粉飴ジェルがお気に入り

徳之島トライアスロンのお土産でもらった粉飴ジェルも試してみた。粉末タイプの粉飴はマルチデキストリン100%で、片栗粉みたいな素朴な味だった。ジェルの方はクエン酸が追加されていて、ほのかに酸味がある。

アマゾンで20本パックを買えば、1本100円以下で済むのもリーズナブルだ。アミノバリューのスティックより安い。

無添加の補給食というのも体によさそうだが、やはり行動中はこういう使い切りタイプが便利だ。粉末と同じく甘さ控えめなので、登山やレースで何本も摂取するには向いているかもしれない。スポーツ羊羹も4本くらい続けて食べるとさすがに飽きる。

榎峠から軍畑駅へは一般道

さらに急坂を下ると道路が見えてきて、どうやらこの先の榎峠は一般道らしい。地図を見ると、軍畑から成木方面へ抜ける峠道のようで、まだ自転車でも来たことがない。名栗湖の方に向かうなら、青梅から吹上トンネルを抜けて北上するのが最短だから、いまいち使いどころのないルートだ。

そのせいか、ロードバイクは一台も見ない代わりに、走り屋タイプの車やバイクが盛んに往来していた。駅まで下りる途中、4回すれ違った車もある。自転車でヒルクライムするのも物好きだが、この暑いのにひたすら峠を車で往復するのもストイックな趣味だ。

金比羅尾根に似たなだらかなコース

青梅街道に戻る途中で陸橋をくぐり、軍畑駅にはUターンして坂を上り直す必要がある。初めて利用した駅だが、目の前に小さな売店があり、自販機も充実していて助かった。ポカリ500mlを一気に飲みほし、モナ王を食べて糖分補給できた。他にも飲料や菓子パンが置いてあり、登山の前の補給食調達に使えそうなお店だ。

今日は青梅駅まで戻って自転車で帰宅。基本的には奥多摩駅までJRの線路に沿って北側に登山道が続いているので、どの駅へもエスケープできて安全なルートだ。この先、高水山や岩茸石山を超えると、棒ノ折山、川苔山と徐々に標高が高くなる。涼しい季節なら青梅からピストンできるかもしれない。

青梅丘陵ハイキングコースは、武蔵五日市の金比羅尾根と似たような印象だった。基本的になだらかだが、奥に進むとかなり長くて起伏も激しくなる。今日は歩きだったが、起伏が少ないのでトレランの練習にもよさそうだった。

スポンサードリンク