市外在住でも1時間200円で泳げる八王子市甲の原体育館温水プール

近所の市営プールからレジオネラ菌が検出されて、しばらく営業停止になってしまった。せっかくの機会なので、少し遠出して近隣の公営プールを試してみようと思う。とりあえずウェブサイトで調べて行ってみたのは、八王子市の甲の原体育館。

温水プールにレジオネラ菌

レジオネラ菌は40度前後のぬるい温度で活発に繁殖するので、温水プールや付属の風呂・ジャグジーは適温といえる。ぬくぬくした環境で育ちやすいとは、なんだか人間味のある細菌だ。

しかし空調系統からエアロゾルでばらまかれると、避けようがない恐ろしい菌でもある。公園の池にもいるそうだ。噴水のまわりにはうようよ漂っている可能性もある。

加湿器は感染源になりやすいので、自宅でも水を継ぎ足さずにこまめに交換した方がよいだろう。電気ポットは毎回沸騰させるので菌も死滅するかと思うが、直に口に入れるものなので毎回お湯は交換したい。

最後にレジオネラ菌のプールに行ってから、3日くらいインフルエンザのような症状が出て寝込んでいた。風邪かと思って家で安静にしていたら直ったが、菌で発症するポンティアック熱だったのかもしれない。レジオネラ肺炎で重症になると、死亡率15~30%というデータもある。

1時間200円から利用できる

甲の原体育館の温水プールは市内・市外関係なく1時間200円から利用できる。たいていの市営プールは2時間が最低利用単位なので、めずらしい設定だ。時間がないときや体調に合わせて、ピンポイントで短時間利用できるのはありがたい。

利用方法は、入口横の券売機でチケットを買って受付で時間を打刻してもらう方式。帰りにチケットは回収されるので、時間オーバーしていると超過料金を取られる。やはり2時間の枠で利用する人が多いのか、2時間400円チケットも販売されている。

2時間400円の単価は普通といえるが、民営スポーツクラブの都度利用に比べれば圧倒的に安いだろう。10回分に1枚おまけがついて10%オフ換算で利用できる、回数券も販売されている。

プールはきれいで人も少ない

プールは25m×6コースあって標準的な広さだ。歩行OKの遊泳ゾーンが3コースを占め、残り2コースが片道通行、1コースが往復コースになる。

わりと新しいのか、公営プールの標準レベルよりはきれいに見えた。監視員のスタッフさんもなぜか常時3人くらいいてサービスが手厚い。平日の昼下がり、連続で泳げるコースの方は各コース1~2名の利用者だったので、ストレスなく泳げた。

できれば往復コースで淡々と泳ぎたいが、ペースの速い先客がいたので片道コースをぐるぐる回ることにした。端まで泳いだらコースロープをくぐって隣の片道コースに移り、一方通行で戻ってくるという方式だ。

場所によってはコースロープなしで2コース分解放し、反時計回りでぐるぐる回るところもある。こちらの方がオープンウォーターに近くてトライアスロンの練習向きといえる。時間帯によっては、ペースの速い人・遅い人が混ざって追い抜くコース取りまでシミュレーションすることができる。

隣のコースで水中エアロビクスのレッスンをやっていると、波が立って海っぽくなると聞いたこともある。悪条件を逆手にとって練習できる、マゾヒストにはたまらないスポーツだ。

1時間コースはダイエット向き

初めての利用で法則が読めないが、50分から10分間の休憩になったのでプールを出た。とりあえず1時間のチケットを買ったが、着替えとシャワーの時間を合わせると40分くらいが泳げる時間だろう。無料のドライヤーと、ハヤブサ技研の水着脱水機が設置されているのは地味にうれしい。

以前、コナミスポーツクラブのライト会員だったときは1回1.5時間の利用制限があった。プールで30分、1.5km泳いでから風呂とサウナを済ませるのが毎晩の日課だった。会費は安いが、レース向けの長距離練習はやりにくい環境だったといえる。

八王子のプールを定期的に利用して、1日おきに2km泳げばダイエット向けの有酸素運動になりそうだ。一方、2時間料金を払って週に2回3~4km泳いでも距離は同じ。負荷にメリハリをつけた方が心肺は鍛えられそうに思う。

まわりに坂がたくさんある

甲の原体育館は気に入ったが、立地が少々厳しい。北から多摩川を超えてくると、滝山城と創価大のあたりで3つくらい坂を超えないといけない。しかも先週の雪がまだ残っているので自転車で走るのに神経を使った。

逆に多摩川以北の青梅線沿線は平地続きでまったく坂がない。プールまで往復すれば、いいトレーニングになるともいえる。冬はバイク練習を休んでいるので、久々に坂道を走った気がした。足はランニングでも鍛えられるが、ハンドルを引き寄せるのに使うのか上腕三頭筋が軽く筋肉痛になった。

スポンサードリンク