SUUNTO t3d腕時計レビュー

ロードバイク購入後、サイクルコンピュータはSUUNTO t3dを導入した。キャットアイやガーミンの諸製品も検討したが、SUUNTOの製品は、
  • 心拍計付き
  • 腕時計型でランニングにも兼用可
  • 自分で電池交換できて3気圧防水性
  • Bike Podと併用で自転車ンの速度・距離計測可能
  • どことなく北欧風?のデザインがかっこよい

というメリットがあり、バイク&ランのトライアスロン練習にはちょうどいいと思われた。SUUNTO t3dを4年間、擦り切れるまで使い込んだ結果をレビューしたい。

設置方法・使用感

t3dを買った当初は付属のマウントでハンドルに装着していたが、エアロバー装着後はTNIのカーボンメーターステーに移して、ライトと一緒に取り付けている。

設置位置を下げて、ぎりぎり持ち手に干渉しないくらいに調整。ショートリーチのエアロバーなので若干窮屈だが、実際握ってみると、この配置で問題ない。

t3d_02

心拍計は胸に巻くベルトが毎回面倒で、汗ですぐ臭くなるので付けなくなってしまったが、それ以外は速度・距離表示が大きくて見やすく、ランニング中のラップタイム計測もできて、期待通りに大活躍してくれた。バイク・ランで兼用できる代わりに、毎回ハンドルから着脱するのが少々面倒ではあるが、同じような機能のデバイスを2つ買って遊ばせておくよりは、理に適っていると感じる。

難をいえば、HRモードでのLAPタイムが中央下に小さくしか表示されず読みにくい点だ。心拍計を使わなくなると中央のHR値はどうでもよくなるのだが、ここの表示は設定変更できない。

自分でできる電池交換

最近、t3dの画面表示がかすれ気味になり、本体の電池が切れたので交換してみた。3気圧防水ながら、自分で電池交換できるというのが、この製品の売りだ。裏蓋を外す専用工具があったと思うのだが、どこかにいってしまったので500円玉で代用。裏面の溝にジャストフィットしないが、ぐりぐりやっていると外れた。

t3d_04

マイナスドライバーを差し込んで、CR2032のボタン電池を取り出し、新品に交換して完了。蓋を締める際は、最初は手で回して溝をかみ合わせてから、コインでトルクをかけるとよい。最初からずれた状態で無理やりねじ込むと、外してやり直すのに苦労する。一応の防水性を確保するため、裏蓋の装着は慎重に行いたい。

t3d_05

ベルト交換も検討中

毎日のように使い込み、4年目にしてとうとうベルトが劣化して切れた。

t3d_03

交換品を調べると、当時は通販の送料込みで4,000円近くもしていた。

※その後、アマゾンで送料込み2千円台の交換ベルトが出てきた。

以前、自転車に載せているときに、裏蓋が緩んで落ちてしまい、その時は同等品のt3cの裏蓋が適合したので、バッテリー交換キットを2,000円くらいで購入した。しかしベルト交換だけで4,000円となると、さすがに躊躇する。

結果的に、ランニング用の腕時計は安価な代替品を買い求め、t3dはビニールタイでグルグル巻きにして、バイクのハンドルに固定することにした。ケイデンス計測はできないが、単純な速度・距離表示するサイクルコンピュータとしては、これで十分間に合う。

なんだかんだ、ランニング時に毎回自転車のハンドルから腕時計を取り外すのは面倒だったので、着脱が多い場合は最初から自転車専用のサイクルコンピュータを買っておけばよかったのかもしれない。逆に自転車に乗るときは腕に巻いて確認すればよいかと思ったが、速度表示の画面は頻繁に確認するので、やはりハンドルに固定されていないと見にくいし危ない。

後継機種、AMBITシリーズ

SUUNTOは最近のAMBITシリーズが、かっこよくて気になる。特に高度計や電子コンパス付きのVERTICALは登山・トレランにも使えそうだ。

ただ、GPSについてはスマホ搭載のものが精度が上がってそちらで間に合うようになってきたので、専用機を買い足すかどうかは悩ましいところだ。画面の大きさでいえばスマホの方が見やすいが、バッテリーの消耗は気になる。腕時計型なら手元で見やすく、スマホのバッテリー温存、かつ万が一の予備機として安心だろう。

まあ、腕時計に5万円はそれなりに大きな投資なので、当面はベルトがちぎれたSUUNTO t3dを使い続けてみようと思う。t3dはAmazonでもまだ2万円程度で販売されている。GPSがついていない分だけ、最新のAMBITの半額以下なので、そこまで高機能は必要なく自転車とランニングで手軽にに兼ね合わせたい人には、今でもおすすめできる製品だ。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280