石垣島内陸部ツーリング

与那国島から石垣島にフェリーで戻ると14時。日没まで5時間はあるので、再びレンタサイクルを借りて、今度は島の内陸部を走ってみた。

ishigaki2_strava02ishigaki2_strava01

自転車は前回と同じ、エイトサイクルさんのMTBを予約。フェリーから電話したら(なんと海上でもドコモ系格安SIMで通じた)、店長が前と同じバイクを整備して用意してくださっていた。サドル位置はそのまま、フロントの変速不具合も直っているそうで助かる。

ishigaki2_26

石垣島鍾乳洞

まずは市街地のすぐ北にある山、バンナ岳を目指す。その途中にある石垣島鍾乳洞に寄ってみた。入場料1,080円、離島ターミナルにあったパンフに付属の割引券で10%オフになった。

ishigaki2_01

石垣島に来て鍾乳洞とはピンと来ないかもしれないが、なめてはいけない。海底で形成され隆起した鍾乳洞で、水中に石灰分が多いため、3年に1mmという通常の2倍以上のスピードで成長しているらしい。

全長3.2kmのうち660mが公開されている。先日、奥多摩の日原鍾乳洞を見て驚いたところだったが、こちらはもはや別格。奥多摩がこだわりのパーツで楽しませてくれる茶室だとすると、石垣島は惜しみなく財力を注ぎこんだベルサイユ宮殿のようだ。マックス・エルンストのデカルコマニ―のような異世界を体験できる。

ishigaki2_03

石筍(せきじゅん)の数が50万本で日本一。洞内のいたるところからマングローブの根のようにニョキニョキ生えている。例によって独特なネーミングで名所が設定されており、滑りそうで落ちない「受験石」とか、トトロ鍾乳石も。

ishigaki2_06

全国に散らばるトトロスポットの中では筆頭に挙げられる御神体。ジブリファンは島に来たらビーチより鍾乳洞に直行だ。

石垣島鍾乳洞の少し北に、八重山鍾乳洞という看板が見えたが、また別の鍾乳洞だったようだ。そちらは動物園込みで長時間楽しめるスポットらしい。

バンナ岳

バンナ岳を目指し、県道208号を北上する。標高は230mで、マーペーより低いくらい。ふもと一帯がバンナ公園になっており、道は整備されている。展望台に向けて観光バスがひっきりなしに往復するので、自転車の登坂は注意が必要。

ishigaki2_07

最初にたどり着いたのは「エメラルドの海を見る展望台」。独特な展望台付きの東屋で3層構造になっている。ちょうど団体客と鉢合わせしてい、ガイドさんの説明を一緒に聞かせてもらう。

ishigaki2_08

あいにく曇りがちでほかの離島までは見渡せなかったが、市街地を一望できるので、夜景を見るにも人気のスポットのようだ。西の山頂には天文台、北は於茂登岳まで見渡せる。今日も山頂には雲がかかっていて、旅行中一度も全容を見ることはできなかった。

ishigaki2_09

展望台から見えたバンナスカイラインを北上して、坂を上り返すと、奇妙なモニュメントが。

ishigaki2_11

モチーフはカンムリワシの卵らしい「渡り鳥観察所」。ここに隠れて鳥たちを観察できるらしいが、これ自体が異様に目立ちすぎだ。らせん階段を上ると、先の展望台よりさらに素晴らしいパノラマが。ここはキャパが少ないからか団体観光客もいないので、落ち着いて景色を眺めるにはおすすめだ。

バンナ岳を下って道沿いに進むと、島の内陸中心部に到達した。このあたりは畑と森くらいであまり見るものがない。パイナップルの売店もあったが、開いているのかわからない感じだった。西に進路をとって名蔵の「やいま村」に向かう。

やいま村

有形文化財の赤瓦古民家を移築したテーマパーク。江戸東京たてもの園や明治村、沖縄本島の琉球村のようなところだ。どの家も平屋の解放的なつくりで似たような間取りではあるが、竹富島では石垣の外から眺めるだけだった古民家に入れる楽しみがある。

ishigaki2_13

台所以外、ほぼすべての戸が開け放てるようになっている。風通しがいいというか、屋根があるほぼ屋外という感じだ。中心のコア部分に神棚や床の間、物置がある。何となく、ガラスがないファンズワース邸というか、全体がユニバーサル・スペースでモダンな印象を受ける。

ishigaki2_14

さらに置かれているこの椅子。
前脚2本と背もたれを兼ねた板の3点、最小限のパーツで構成されている。
リートフェルトのベルリンチェアっぽいが、あちらは以前自作してみたら、肘掛が片方だけで、オリジナルは欧米サイズなので、意外と座りにくかった。
これも伝統工芸品か由来はわからないが、そこはかとなく名作の香りがする椅子だ。

ishigaki2_15

古民家に続いて、保護されたカンムリワシの飼育所や、

ishigaki2_17

リスザル園がある。
ちょうどエサ時で、カットされたフルーツに山のようにたかっているタイミングだった。近づくと体を伝って気に飛び移ったり、上から振ってきたり、果汁まみれにされてしまったがサービス精神旺盛だ。歴史的建造物の展示だけでは渋すぎる施設なので、動物や体験コーナー、食堂、お土産屋を配置してバランスを取っていると思われる。

ishigaki2_16

名蔵アンパルの干潟とマングローブ林はラムサール条約の登録域。ウッドデッキの遊歩道を歩いて観察できる。ざっと見わたして気づかなかったが、何種かカニや爬虫類の希少動物もいるらしい。

ishigaki2_18

唐人墓~市街地

やいま村を出たら、島の西岸に出て79号線を南下。前回の周遊ツーリングではスキップした、フサキビーチと観音崎に寄ってみる。岬の近くに唐人墓と富崎観音堂があった。

ishigaki2_19

唐人墓は19世紀にアモイからカリフォルニアに航行中の奴隷貿易船で暴動が起きて、石垣島に座礁・上陸後、捕縛・虐殺された中国人128名を祀るもの。蟹工船みたいな話かと思ったが、こちらは規模が大きい悲劇的な実話だ。

市街地に戻り、石垣港のターミナルビルがある方に行ってみたが、港に猫が歩いているくらいで特に観光的なものはなかった。海上保安庁の船越しに夕日を眺めた。
自転車を返却後、繁華街をうろうろしていたら、賑わっている石垣島ヴィレッジという建物を発見。

ishigaki2_20
ちょうど先月オープンした複合飲食店らしく、ちょっと変わってそうな、かまぼこ料理のお店に入ってみた。地元の老舗で有名らしい「マーミヤかまぼこ」から取り寄せたかまぼこ盛り合わせに、海ブドウやちゃんぷるーを肴に、元気クールの炭酸割りをいただいた。

ishigaki2_21


レンタサイクルで島一周は一日がかりになってしまうが、バンナ岳の展望台に上って帰ってくるだけなら、ママチャリでも数時間でいけそうだ。日差しは強いが、海風に吹かれながらのサイクリングは最高だ。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280