多摩川~野猿街道~八王子バイパスツーリング

アンカーのロードバイクは来週のレースに向けて宮古島に送ってしまったので、シングルスピードのスペアバイク、普段乗り自転車でのんびり週末ツーリング。多摩川サイクリングロードから、橋本の近くまで行ってみた。

tama_strava01tama_strava02

多摩川サイクリングロードから野猿街道へ

多摩川は桜も散り始めているが、暖かくなってきた春先のサイクリングロードはとても気持ちがいい。羽虫さえいなければ…。

tama01

今日は四谷橋を渡って20号線、野猿街道を南下する。多摩丘陵を横断する幹線道路、多少の勾配は覚悟していたが、ワイルドな名前とは裏腹に、わりとマイルドな平坦道だった。津久井湖~橋本方面から都心に帰る際は、尾根幹線道路より疲れなくてよいかもしれない。

yaen01

多摩美術大学の八王子図書館

目的地は多摩美の八王子図書館。伊東豊雄の設計で、ウェブサイトによると土曜日は一般の見学が可能らしい。

tamabi01

遠くから見るだけで、ただものでない気配を感じる。

tamabi02

外壁のコンクリートとガラスにほとんど継ぎ目がなく、しかも曲面で反っている。グレーチングも見たことがないパターンだ。

tamabi04

ヨーロッパの建築写真を見るような仕上げで、ため息が出るほど美しいが、これが日本で可能なのか?どうやら地下の免振装置によって、この加工精度が実現しているらしい。
外壁とシーリングとガラスの段差が1mmくらいしかない。

tamabi05

4月は学生さんが多いということで、残念ながら内部の見学はできなかった。GW明けくらいからなら可能なそうだ。

tamabi06

1階のギャラリー部分だけ散策。入ってすぐ、全体的に地形に合わせて床が傾いていることに気づく。養老天命反転地のように五感が刺激される感じがする。壁らしきものもなく、構造のグリッドも微妙に歪んでいるので、無機質なコンクリートだが何か森の中にいるような、半分屋外のような雰囲気だ。

tamabi07

ウィルクハーンのスツール”Stitz.”が気になる

実は図書館でこのスツールが一番気になった。グラグラ揺れて、しかも回転する。昇降する仕掛けがわからず、うかつにまたがってこけそうになったが、学生さんに使い方を教えてもらってコントールできるようになった。バランスボールのような感じで、きっとエクササイズ効果もあるに違いない。

後で調べたら、特注品ではなく、普通に買えることがわかった。ウィルクハーンのスティッツ。予想通りのデザイナーズ価格だったが…。

似たような製品で、もっと安いのがあった。Focal UprightのMobisやPivotというスツール。Mogoという伸縮するポータブルシートは国内販売されているようだ。こちらはさらにエクストリームだが、ここまで来ると「椅子なくていいんじゃない」という気もしてくる。

さらに安いキャプテンスタッグの三脚チェアもあった。デザインにこだわらなければ、最小限の椅子としてはこれで十分かも。

無料化された国道16号、八王子バイパス

その後、16号線の東側の道路を北上したが、高速道路のようなつくりでやけに走りやすいと思ったら、昨年10/31に無料公開されたバイパス道路だった。自転車は車道走行禁止のようで、アンダーパスも進入禁止だったが、歩道は広く、スロープがあって大きく迂回する必要もない。西側、従来の16号線で八王子市街を抜けるよりは、ずっと楽だと感じた。

r16_01

3時間ほどの短いツーリングではあったが、いろいろな景色を眺めてリフレッシュできた。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280