練習用ランニングシューズ購入

ランニング練習兼普段履き用に、安いスニーカーを買った。レース用の高価なシューズに比べて、低価格帯の製品はレビューが少ないので、レポートしてみようと思う。

adizeroでないアディダスの安いシューズ

アディダスのElement Refine Tricot、ABCマートのセールで、税込4,309円で購入した。

サイズは28cm。自分はadizeroシリーズだと大抵27.5cmなので、アッパー素材が見た目のニット風とは裏腹に、あまり伸縮せずタイトな履き心地だ。一応ランニングシューズのコーナーに並んでいたのだが、ソールにはadizeroシリーズのようにadiPRINEとも何とも書いていなくて、よくわからない仕様だ。底はかなりスリックな見た目で不安だが、路上では問題なかった。ただ、濡れたタイル上だとちょっと滑りそうに感じた。雨の日は気をつけよう。普段の練習用に、なるべくクッション性が高いものを考えていたが、その点では底も厚くてよさそうな感じだ。

取り外しできるウレタン製のインソールが入っていた。衝撃吸収の効果が増しそうだ。

「吸湿排汗、防菌、カビ防止」とのこと。なかなか性能がよさそうだ。

お気に入りのキャタピランもセットで購入した。アッパーの伸縮性が増して着脱しやすくなり、走行中に靴紐がほどける心配がないのは大きなメリットだ。50cmと75cmの長さがあるが、このシューズには75cmがぴったり合った。

シューズの重量は紐とインソール込みで、実測228~229gだった。

普段履きにも使える落ち着いたデザイン

近所の買物とか、日常的に履きたいと思っていて、いかにもランニングシューズっぽくないスニーカーを探していた。デザイン面では、アディダス、ナイキ、ニューバランスの海外勢に軍配が上がると思う。昨年から出ている、new balanceのVAZEEシリーズのカジュアルライン、COASTとかも結構かっこいいと思う。

「練習にも使えて、街中で履いてもそんなに違和感ない」というのは、貧乏性には刺さるコンセプトだ。レース用の勝負シューズは無駄にすり減らしたくないので温存しておくとして、練習用と普段履きは兼ねてもいいかなと思った。カジュアルな出張の時も、2足持って行かなくて済めば便利かも。

見た目も、ド派手なイエローや、汚れが目立ちそうなホワイトよりは、ビジネスシューズのように地味なランニングシューズが欲しいと思っている層は結構いると思う。(夜間走行時の視認性は劣るが)以前、mi adidasのカスタマイズサービスで、わざわざお金をかけてオールブラックにあつらえたりしたが、シューズはすぐにすり減る消耗品とわかったので、最近はあまりお金をかけたくないと考えている。

練習用シューズはクッション性が高い方が無難か?

数年前『BORN TO RUN』を読んで、「ランニングシューズなんてペラペラの方がいいし、安物で、すり減りまくっている方が体にいい」なんて思い込んでいた。

その後、フォアフット/ベアフット用の薄手シューズを履いてみたり、3年間で5,000キロ、ソールがボロボロになるくらい一足のシューズを使い込んだりしてみたが、結局パフォーマンスは上がらず、足の故障が増えただけだったように思う。去年のウルトラマラソンでも、くたびれたシューズで走ったら、後半は足ががちがちになって膝も腰もやられた。

逆に「クッション性が高ければ高いほど無難」と考えれば、ショップの店頭セールコーナーにいつでも平積みされてそうな、名もなきスニーカーで十分な気がする。

自転車のホイールでいうと、シマノのWH-R500。頑丈でトラブルが少なく、初心者どころか自分程度の走力なら練習用はこれで十分、コスパも最強、という感じがする。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280