馬頭刈尾根~鋸山~御前山トレラン

馬頭刈(まずかり)尾根経由で大岳山(おおだけさん)~鋸山(のこぎりやま)~御前山(ごぜんやま)まで、17kmくらい山道を走ってきた。

武蔵五日市駅から瀬音の湯まで走る

武蔵五日市駅から登山道入り口の瀬音の湯までは4kmくらい。バスに乗るほどでもない微妙な距離なので、ウォーミングアップがてら走ってみた。トレランシューズのソールをすり減らすのはもったいないので、少々荷物になるが、普通のランニングシューズで走って、登山道からトレイル用に履き替える作戦だ。

途中、黒茶屋前の神社で「のらぼうまつり」というのをやっていた。のらぼうという野菜入りの味噌汁が無料でふるまわれていたので、ご相伴にあずかった。

norabou_misoshiru

瀬音の湯でシューズを履き替える。奥多摩の温泉で行った中では、新しくきれいで、レストランの外の休憩スペースなども充実していておすすめだ。外の足湯は無料だが、今日はスキップ。

seotonoyu_ashiyu

馬頭刈尾根は結構ハードな難コース

標高884mの馬頭刈山まで一気に登る。なかなか傾斜がきついので、実際に走れるところは少ない。すぐに心拍が上がって、汗がしたたり落ちてきた。

mazukariyama

途中のつり橋にサルがいた。近づくと寄ってくるが、エサをねだるというよりは攻撃的な雰囲気だ。刺激しないようにそーっと通り抜けた。

saru2

鶴脚山を越えたあたりから道が険しくなってくる。いくつか手も使わないと上り下りできない岩場や、急な階段もある。

michiwarushi

富士見台で休憩。あいにく富士山は見えなかったが、このあたりから大岳山はよく見える。このあたりで雪が積もっていたら引き返す計画だったが、案外いけそうな感じだった。朝にぎってきた玄米おにぎりとたくあんで昼食をとる。

fujimidai

鋸山~御前山は快適なルート

大岳山は前回上って、山頂付近の急勾配が身にこたえたので、今日はスキップ。南側の迂回路を通って鋸山に直行する。大岳山から鋸山までは、道が広く平坦で、とても走りやすい気持ちよいルートだった。やはりハセツネ公式コースに入ると、毎年何千人ものランナーに踏み固められているからか、路面が安定している気がする。

鋸山は山頂に寄ってみたが、あまり眺望もないさみしいところだった。

nokogiriyama

以前、自転車で上った鋸山林道を横断。ここから御前山までは結構アップダウンがあった。さすがに標高1,300m付近からは残雪があったが、トレランシューズでぎりぎり歩ける感じだった。

yuki

御前山も山頂は木が茂っていて、ほとんど眺望がない。

gozensan

「体験の森」~林道経由で下山

時間的に、少し進んで「体験の森」経由で下山して、青梅街道に向かうことにした。メインルートを外れると一気にさびれてくる。北側斜面で積雪もあり、ぬるぬる落ち葉で滑りまくり…

taikennomori

途中、道が不明瞭なところもあったが、さいわい、沢沿いに下るルートだったので、地図とコンパス頼りに降りていくと散策路に合流できた。杉の木のエリアはふかふかの落ち葉で、疲れた足には心地よい。

林道に出たら、あとは舗装路なので、またシューズを履き替える。この作戦はうまくいった。
シューズの泥をはたいていたら、すっぽ抜けてガードレール下の藪の方まで飛んで行ってしまった。取って戻るのに一苦労。

rindou

この林道は行き止まりで、たいした特徴もなく、自転車乗りには人気がなさそうだが、途中の道すがら、そば屋や宿泊施設があった。

「もえぎの湯」で疲れを取る

ちょっと足が痛くなってきたので、青梅街道、奥多摩駅までの4kmくらいは歩きで。
最後は「もえぎの湯」につかってきた。

moeginoyu

瀬音の湯に比べると、キャパが小さく料金は数百円安い。奥多摩駅から歩いて来られるので、若者が多いせいか、洗い場に行列ができるくらい満員だった。サウナも水風呂もなく質素だが、湯質はつるつる温泉と同じぬるぬる系。本家に比べると、ぬめりはやや弱い。


奥多摩の温泉はロードバイクのツーリング中、気になっていたが、着替えを持ち運ぶのが面倒で、風呂上りも風にあたって体が冷えたり、また汗をかきそうなので、これまでは遠慮していた。歩きで来ると、湯上りにそのままバスや電車で帰れるので便利だ。もっと山奥の温泉も開拓してみたいと思う。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280