入山峠~和田峠~醍醐林道ツーリング

最近、戸倉三山をトレッキングする際に毎回通る、入山峠に自転車で行ってみた。このルートを開拓すれば、拝島付近から八王子市街を通らずに、武蔵五日市から林道経由で和田峠に最短で到達し、相模湖方面にショートカットできるはずだ。

iriyama_strava02iriyama_strava01

盆堀林道~入山峠

武蔵五日市から奥多摩に向かう檜原街道を、小中野交差点で黒茶屋のある方に左折、沢戸橋を渡ってすぐ左の橋を渡る。いくつか他の林道への分岐があるが、基本的には道沿いにまっすぐ進めば入山峠に到達する。

序盤は路面もスムーズで走りやすいが、そこは盆掘林道、途中からやや舗装が荒れて砂利も浮いてくる。あきる野、八王子からほど近い距離で、渓流沿いの山深い道を手軽に味わえるので、街中やサイクリングロードに飽きたら気分転換に来てみてもいいかもしれない。終盤まではさほど傾斜もないが、南端のヘアピンカーブ周辺から徐々に斜度が増してくる。

iriyama02

とはいえ、そこから峠までは1km程度の距離なので、軽く汗をかく程度で登れる。登山客やハセツネ試走のトレイルランナーともすれ違う入山峠。

iriyama03

ここから南への下りは、木々が伐採されていて眺めがよい。八王子方面がよく見渡せる。途中に電灯のないトンネルがあるが、さほどの距離ではないのでライトを点けなくても通れるくらい。iriyama05

峠から南側は、かなり道が荒れていた。側壁の崩壊して道が半分ふさがれているところが2か所、倒木も1か所、落石もまんべんなくあって、尖った石を踏まないよう、ダウンヒルには神経を使う。
醍醐林道と合流する前にゲートがある。たいしたものではないので、脇を通るか、またいでも通れる。

iriyama06

和田峠~醍醐林道

交差点を左折し、和田峠に向かう。久々に来た陣馬街道は、ところどころ路面が整備されていて、走りやすくなった気がする。連休中の日曜だからか、峠前のバス停、売店は登山客で賑わっていた。和田峠から方面から、陣馬山登山の帰りか、人と車がどんどん下りてくる。

iriyama07

数年ぶりの和田峠。ロードバイクに乗り始めて、都心から多摩サイ沿いに奥多摩まで遠出できるようになった頃、「ものすごい激坂がある」と聞いて、きゃあきゃあ言いながら上っていたのが懐かしい。その後、風張林道や、あざみラインなど、さらなる激坂を知って、奥多摩も超えて山梨県まで繰り出せるようになってから、だいぶご無沙汰になっていた。

iriyama12

とはいえ都内屈指の激坂、今年はじめての本格ヒルクライムで、なかなか身にこたえた。序盤からインナーローのダンシングで、蛇行しすぎないよう、下りてくる車を慎重にかわしながら、汗と涎と鼻水でぐちゃぐちゃになりながら、何とか足をつかずに上りきった。最後のヘアピンカーブ、巻貝状になった絵になる斜面は、車が来ないのを見計らって、右側外周の緩いところを落ち着いてのぼる。

今日はここから、醍醐林道をくだってみる。事前情報では、和田峠の茶屋から見える砂利道は、100mくらい進むと舗装されて、ロードバイクでも走れるらしい。

iriyama08

しばらく自転車を押して歩いていくと、カーブを曲がったところで確かに舗装路が見えてきた。しかしこの醍醐林道は、先ほどの盆掘林道よりさらに荒廃した路面で、もはや道中に散らばる落石を避けようがない。

和田峠よりは緩いとはいえ、それなりの傾斜のようで、ブレーキを握る手が痺れてくる。しばらく行くとゲートが2つあり、こちら側から車は上ってこられないようだ。休日で和田峠に人が多くて、車を気にせずのんびり上りたいという人には醍醐林道はおすすめかもしれない。すれ違ったのは自転車、バイク1台ずつという感じだった。

iriyama10

入山峠へ通じる道との交差点で左折し、盆掘林道を上り返す。南斜面の上りは、時々ガードレールがうねってゾッとする坂が見えるが、北側より距離は短く、楽に上れた気がする。


武蔵五日市から、入山峠を経由して和田峠~醍醐林道を周回する往復コース。14:00に出発して18:30には戻ってこられた。半日くらいで行って来られて、それなりの坂は上れるので、普段の練習にはいいかもしれない。奥多摩から早めに帰ってきて、上り足りない時にもう一稼ぎという感じで使っても。
ただ、林道の路面は、鋸山ほどではないものの荒れているところが多いので、練習用タイヤでのぞむのがよいだろう。

相模湖以西に遊びに行く際のルートとしては、自然は豊かで車は少ないが傾斜がややハードなので、体力温存するなら素直に20号線で大垂水峠を超えた方がよさそうだ。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280