波照間島一周ツーリング

宮古島から飛行機で石垣島に移動。バスで離島ターミナルに直行し、そのまま午後の便で波照間島(はてるまじま)に旅立った。石垣島周辺の離島の中で、まずは最南端の島を訪ねてみようと思う。

石垣島の離島ターミナル

離島のフェリーターミナルは市街地の中心にある。各島にわたる船が集まり、観光客をはじめ、島民や輸送物資も一緒に運ばれるので、常に活気がある。積み荷を見ていると、水やビールに家畜のエサなど。天候はよく船も出そうなので、午後の第4便チケットを買った。

ちなみに波照間島行きのフェリーを運行している安永観光では、高速船と貨客船の2種類がある。前者は定期便で天候がよければ毎日4便出ているが、後者は火木曜と第2・4金曜のみの出港。料金は片道で高速船が3,090円、貨客船が1,540円と2倍も違うが、その代わり高速船の方が客船の半分の時間で到着する。波が高い時は貨客船の方が出航率が高いらしいので、高速船のチケットを往復で買うか迷ったが、窓口で聞くと、もし天候不良で貨客船で帰ってきた場合は、復路の差額を払い戻してくれるという。

hateruma01

ターミナル内、街側の狭い一角に飲食店が集まっている。昼食に1,080円のマグロ丼をいただいたが、結構なボリュームだった。東京なら倍の値段はするかもしれない。

maguro

離島価格といわれるガソリン代は高いが、食料品や自販機の値段は本土と変わらず、海産物や特産品は安いようだ。タクシーも石垣島で小型の初乗り430円と安い。バイト代も安そうだったから、人件費が反映されていることもあるか。

波照間島行きのフェリー

波照間島に向かう定期船のフェリーは小型で速かった。外洋に出ると時速50kmくらいで飛ばして、ちょっとしたジェットコースターに乗っている雰囲気を味わえる。

hateruma02

時々、大きな波にあたると、グワッと船体が持ち上がってから底まで落下する。これが連続すると、座席に足で踏ん張っているだけではバランスを保てず、両手で座席のハンドルをつかんで必死に耐えないと、あちこちに体をぶつけて痛い。ひどいときは、スプラッシュマウンテンか、USJのジュラシックパーク・ザ・ライドの急降下を5秒おきに連続体験できる感じだ。

hateruma17
行き帰りで2回乗ったが、船の前の方が揺れは激しかった。大きなフェリーのような雑魚寝スペースはないが、シートが空いていれば、シートベルトを外して横になっている方が楽だった。いつ衝撃が来るか気を抜けない緊張感があるが、心構えがあれば船酔いはそれほどでもなさそうだ。

レンタサイクルで波照間島一周

島に着くと、予約していた宿のご主人が車で迎えに来てくれて、宿まで案内してもらった。
ついでにレンタサイクル屋を紹介してもらい、1日1,000円でママチャリを借りることができた。

hateruma03

左のブレーキは潰れていて、傷みが激しいポンコツだが、島一周するくらいは持つだろう。まずはコイツで島を一周してみる。

hateruma_strava01 hateruma_strava02

ニシ浜ビーチ

沖縄最高のビーチと名高い、ニシ浜に行ってみた。ビーチに面した「ペンション最南端」。宿で会った常連さんの話では、眺めも良く島で一番おすすめの宿らしい。自分は安宿に滞在しても「孫を連れてくならここだな」とのこと。与那国島にも居酒屋「国境」とかあったが、ネーミングが直球すぎてうける。

hateruma04

一切夾雑物がなさそうな、真っ白な砂浜と、100mは続くサンゴ礁の遠浅の海で、噂通りの透明度だった。さすがに人気なのか、観光客もちらほらいたが、泳ぐには多少まわりに人がいた方が安心だ。アクティブにシュノーケルで繰り出す人もいるが、たいていは波打ち際でくつろいだり、昼寝している人が多かった。

hateruma06

レース用のウェアとゴーグルは持ってきたので、翌朝泳ぎに来てみた。浅瀬の部分は水深50cmくらいで、泳ぐには厳しく、歩くと珊瑚が足に刺さる。平泳ぎでそーっと沖まで泳ぐと、白波が立っているあたりでガクンと深くなる。この岩だなの部分に珊瑚がびっしりあって、魚も多く、みどころらしい。が、ウェットスーツや足ヒレなしの単独遊泳でこのエリアを泳ぐのはさすがにヤバいと感じて、浅瀬に戻った。このビーチはシャワーも無料で使えるのが、うれしいところだ。

hateruma05

引き続き自転車で外周道路を一周してみた。

hateruma09

海につながる小道がいくつかあり、繁みを抜けると誰もいないビーチがあって、プライベート感を満喫できる

hateruma07

島の見た目は、先に訪れた多良間島と似ていて、サトウキビ畑と牧場、ため池に風力発電くらいしか目に入らなかった。ヤギの遭遇率は高い。起伏は少なく、島を縦断する道路はまっすぐだ。ちょっとした展望台があり、周辺を見渡せた。

hateruma08

日本最南端の碑

いよいよたどり着いた最南端の石碑。

hateruma10

国旗を埋め込んだ石とか、ほかにも様々なモニュメントがあった。

hateruma11
特にこれという眺望もなく、強風吹きすさぶ荒野という感じで、辺境までやってきた気分を盛り上げてくれる。海辺に行くと、東尋坊ばりの断崖絶壁で迫力がある。

hateruma16

近くの星空観測タワーは、台風の被害で故障しているらしい。今日はあいにくの曇り空で、夜になっても星があまり見えず、南十字星は拝めなかった。

hateruma12
観測所のまわりにヤギが密集していて、子ヤギが寄ってきた。

hateruma15

目に入るものは何でもかじってみるという習性のようで、よだれまみれにされてしまった。

hateruma14

衝撃の宿「民宿たましろ」で胃袋拡張

実は波照間島で一番衝撃的だったのは、この民宿だった。宿のたたずまいや食事の量がとてつもない。これまで世界中の安宿や野宿も経験してきたが、これほどユニークな宿は初めてだ。

tamashiro01

ネットのレビューを見ると「自分の器を試される宿」「屋根がある野宿」とか、素敵なキャッチコピーが。気に入る人は、はまるというか、人によってかなり評価がわかれるようだ。

tamashiro11

巨大ゴキブリとネズミは目撃した。かすかに異臭が漂う洗面所や風呂場では、あまり細部を見ない方がよさそうだ。水やお湯はちゃんと出る。

tamashiro04
キッチンは…もはや最南端を通り越してカンボジアの厨房を覗いた気分だ。使い込まれた鍋からは、きっとうまい料理ができてくるに違いない。

tamashiro06

夕食は外のゆんたくスペースで同宿の方々と一緒にいただく。1週間くらい滞在されている常連の方3名と、東京からお越しの1名で合計5名、23時の消灯まで団らんした。

tamashiro07

波照間島でつくられる幻の泡盛として有名な「泡波」。通販では5,000円近くする3合瓶が無料で振る舞われていた。

tamashiro02

泡波は波照間島の名物だが、実はわざわざ離島に来なくてもアマゾンで購入できる。4.5リットルの特大サイズで4万円。さすがに高いが話題性はたっぷりなので、ここぞというときの余興や景品にしたり、酒好きの上司に献上すると喜ばれるかもしれない。

いよいよ運ばれてきた料理は、噂通りのボリューム。次郎級の沖縄そばに、大盛りタコご飯、刺身におかずと凄まじい量だ。田舎の宿では、たいていサービスで食事の量は多いと思うが、ここまで来ると軽く3~4人前はありそうだ。

tamashiro03

麺が伸びないうちに着手し、しばらくは談笑する余裕もなく胃袋にかき込んだ。レース後で体が栄養を求めているのか、時間をかけて何とか完食することができた。もう1名、初滞在の方も、さらに早いペースで完食されていた。昼も完食したようですごい。常連さんは気持ち程度につまんで、ほとんど残していた。1回なら完食できるかもしれないが、さすがに毎晩これではきついだろう。

料理の量は多いが、味もおいしかった。80歳に届きそうなご主人が、30年以上、みずから料理して出しているらしい。刺身や揚げ物も厨房でちゃんと調理されていて、心がこもっている感じがする。この量の食事が朝晩ついて一泊税込5,400円。ほかに素泊まり2,000円の宿もあるが、大食いならコスパは抜群かも。

tamashiro08

常連さんによると、暖かくなって梅雨入り前の4月が波照間島のベストシーズンらしい。毎年この時期に来て数週間滞在するとか、さらに年間100日は泊まっている北海道出身のヌシがいるとか。本土からの航空券を格安で手に入れる方法や、他の離島の情報も聞けて参考になった。

tamashiro12

そこら中に蚊が多いが、ベープマットは無料で支給されているようなので、5個くらい部屋にセットしたら何とか眠れた。もう何年も干されたことはないような布団。因果関係はわからないが、その後、首筋に湿疹ができてかゆくなったりした。

tamashiro10

朝食は屋内の食堂で、こちらも盛りだくさんの豪華メニュー。ご飯は自由に盛れるので、朝食は少な目に、残りはおにぎりにして、揚げ物をおかずに昼飯にするのが常連さんおすすめの方法らしい。実質3食付きのプランか。

tamashiro09

集落から港までは歩いていける距離で、レンタサイクルを返却して帰りの定期船に乗った。最南端の島の最強の民宿で、3人前のご馳走を朝晩完食。生活レベルと胃袋のキャパが広がった気がする。