多良間島一周ツーリング

沖縄本島以南に来るのは初めてだ。せっかくの機会なので、宮古島のレース後は1週間休みをもらって、石垣島を拠点に周辺の離島をめぐってみる計画を立てた。

平良港から多良間島行きフェリーに乗る

今日は両島の中間にある、多良間島(たらまじま)を日帰りで訪れてみる。多良間島行きのフェリーは、宮古島の平良(ひらら)港から9時に出発する。最初、平良港のターミナルビルに入って聞いたところ、「港に出て右手の方に停泊している」と言われて、それとおぼしき船に乗ってみた。

tarama01

モンブランという船なのだが、入口から高級感漂うホテルのフロントのようで、豪華なラウンジが連なっていた。

tarama02

「多良間島の人は裕福で、高級ランチを楽しみながら島に帰るのか」と思ったが、ひと気もなく一向に出向する気配がないので、さすがに怪しいと思って港の売店に聞いてみた。

tarama03

どうも目当てのフェリーはさらに北側の港から出るらしく、もう走らないと間に合わない。痛む足を引きずってダッシュしたら、後ろからお店の親切なおっちゃんが軽トラで追いかけてきて、荷台に載せてもらって何とか出港前に乗り込むことができた。

こちらは伊豆大島や佐渡島で見慣れた、雑魚寝スペースがある中型のフェリー。やはり庶民はこちらか。料金は宮古島~多良間島往復で4,690円。

フェリー内の船酔い向け特殊設備

一つだけはじめて見る設備があった。ゴミ箱の横に、大きめの洗面スペース。どうやら船酔い対策の上専用便器らしい。事前の調査で、この近海は黒潮の影響で揺れまくるゲロ船、と聞いて覚悟はしていたが、あまりお世話になりたくないものだ。

tarama04

船内には自由に使える洗面器も置いてある。もはや用途は一目瞭然。寝ている人も、たいてい小脇に抱えてスタンバイしていた。

tarama20

船は港を出てすぐ、伊良部大橋の下をくぐる。なるほど、橋の傾斜は多良間島行きのフェリーがちょうどくぐれるくらいの高さで設計されているようだ。tarama05

外洋に出るとにわかに揺れが大きくなってきた。自分はこれまで乗り物に酔ったことはないので、高をくくって海を眺めていたが、数十分すると体の異変を感じはじめた。ノロウイルスのように強烈ではないが、じわじわと内臓をいたぶられる感じで、明らかに気分が悪い。ちょっと上便器までも辿りつけなそうな危機感を感じたが、雑魚寝スペースで洗面器を脇に置いて寝っ転がっていると、だいぶましになってきた。エレベーターが落下した時と同じで、なるべく床に這いつくばっている方がダメージが分散されるのか、船酔いもやわらぐようだ。

tarama06

多良間島の普天間港に到着

そうこうしているうちに、無事、多良間島に到着した。どうもこの季節は北側の多良間港でなく、東の普天間港に着岸するらしい。待機していたバスに乗って、島の中心部に向かう。普天間港からのバス運賃は片道400円。

tarama19
レンタサイクル屋を紹介してもらって、自転車を借りた。日帰り数時間の利用ということで500円だったが、よくメンテナンスされた多段変速のママチャリだった。

tarama08

まずは島を一望すべく、八重山遠見台に向かう。宮古島に比べて、街中にほとんど島民も観光客も見当たらない。ちょっと坂を上って密林を超えた先に、廃墟のようにたたずむタワーがあった。

tarama09

最上階に上ると水納島(みんなじま)をはじめ、北側のビーチや島全域が見渡せた。水納島は沖縄本島にも同じ名前の島があって、そちらの方がメジャーなのだが、多良間島の北に浮かぶこちらは、一家族だけ住んでいて、チャーター便でしか行けない秘境中の秘境らしい。

tarama18

昨日のレースで余った補給食の菓子パンを食べて、島一周のツーリングに出発した。北側から反時計回りで、島の外周道路を一周してみようと思う。

レンタサイクルで多良間島一周ツーリング

tarama_strava02

tarama_strava01

北のふるさと海浜公園は、今回の旅行で一番ひと気のない贅沢なビーチだった。これだけの広さで、平日の昼間だが、自分一人しかいない。多良間島は宮古島からしかフェリーが出ておらず、片道2時間の距離なので、あまり観光で来る人が少ないのかもしれない。一方、後で訪れた最南端・最西端というブランドがある、波照間島・与那国島は、遠方の離島にも関わらず結構観光客が多かった。 tarama12

島の外周道路を淡々とこいでいく。雰囲気がよく、周回コースで距離短めのトライアスロンレースを開催してもよさそうな印象だった。24.3kmの島一周マラソン大会は毎年行われているらしい。途中にあるのは、使われている気配のない空港や、ため池、牧場や風力発電くらい。あとはサトウキビ畑が延々と続いている。

tarama13

のんびりしていて若干時間が厳しくなってきたので、途中から市街地に戻った。途中、何頭かヤギを見たが、紐でつながれてないのが路上に出てたりして、のどかな眺めだった。

tarama22

逆風が強いときは、ママチャリのかごをつかんで前傾姿勢のエアロポジション。路上にまったく人気がなく、車も来ないので、のんびりこいでいられる。

tarama14

宮古島への帰路

自転車を売店に返却して、13時のバスで普天間港に戻った。少し時間があったので、港の近くにある普天間御獄に行ってみた。沖縄の島々には「うたき」や「おん」と呼ばれる神社が多くある。街中や郊外の繁みに、ほこらのようにひっそり存在していて、台風対策のためか鳥居はたいていRC造だ。猛暑の中、木陰でほっこりできるスペースがあって、居心地がよい。

tarama16

フェリーでは乗客と一緒に島の必要物資や、さきほど見たヤギも出荷されていく。宮古島でヤギ汁にされてしまうのだろうか。

帰りは行きの反省を生かして、のっけから雑魚寝スペースに陣取って仮眠に徹した。中型フェリーの長い周期の揺れは意外と体にこたえるようだ。波の高さは予報で2.5mと、それほどでもなかったと思うが、島の売店では「フクギが揺れるくらい風が強いのに、よく船が出たなあ」という話だった。

tarama17

宮古島に戻り、表彰式とパーティーに参加するため、総合体育館に向かった。

波照間島は今回、滞在時間実質2時間もない強行ツアーだったが、せっかくなら一泊してのんびりしてもよさそうな島だった。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280