宮古島トライアスロン2016 本番

朝3時に起きて、宿で朝食をいただき、日焼け止めとワセリンを塗りたくってレース用のウェアに着替える。宿のみなさんと4:40発のバスに乗り、スイムのスタート会場へ。

前日、20時過ぎには床に就いたが、暑くて寝苦しく何度も目が覚めた。あとで考えれば、エアコンをつけておけばよかったのだが、まあ昨年の五島よりは睡眠をとれたと思う。

ナンバリングとトランジション用の荷物預けを済ませ、バイクの状態チェック。


自分の場合は、昨日から変にタイヤの空気が漏れていたりいないかだけ確認して、バッグに補給食をセットするだけだ。バイクにカバーはかけていなかったが、さいわい夜中に雨は降らなかったようで助かった。

スタートの7時まで、まだ余裕があったので、ダメ押しでスパムおにぎりを詰め込む。胃が元気なうちに、できるだけまともな固形食を摂取しておきたい。

スイム会場を見に行くと、空は雲もなく風も波は穏やかで絶好の天候。ウェットスーツに着替えて試泳に行くと、期待通り海の底まで見渡せる最高の透明度。

これまでのレースで最高のスイム体験になりそうだ。

スイム 3km

スターターをつとめるのはレスリング女子日本代表の吉田沙保里さん。後ろの方に並んでいたので、残念ながらまったく見えなかった。予想タイム「1時間以上」の後列グループにスタンバイして、混雑を避けて泳ぎたかったが、うまくいかなかった。

海を楽しめたのは試泳のときだけで、レースが始まると血で血を洗う水中レスリング、海中を眺めている余裕はない。頭を小突かれたり、足をつかまれるのはまだいいが、顔面や脇腹を蹴られるのはマジできつい。何度か吹っ飛ぶゴーグルを直しながら、わずかな隙間を縫って、なるべく接触しないように泳いでいく。

今回はスイム終盤までバトルが続いて厳しいレースだった。途中で集団がばらけるタイミングもあったが、そうなると自分は方向音痴で、両端のコースロープをジグザグに行ったり来たり、かなり無駄なコース取りになってしまったので、かえってタイムロスした気がする。

沖合のそこそこ深いところに行っても海底が見える透明度で、サンゴ礁に青や黄色の熱帯魚、ウミガメが泳いでいるのもチラッと見えた。

バイク 157km

スイムから上がると打って変わって土砂降りの雨だった。

今回はバイクパートで、あらかじめゼッケンを安全ピン止めしていたトライアスロンウェアに着替える計画だったが、かなりピッタリしたウェアなので、無理やり着たらピンがすべて吹っ飛んでゼッケンが取れてしまった。スタッフの方にお願いして後ろから取り付けてもらったが、数分の時間ロス。やはり、いつものようにゼッケン用のベルトを装着する方がよかったか。

遅れた時間を取り戻すべく、熱帯のスコールで妙に興奮してしまって、最初の3kmを40km/hで飛ばしてゴボウ抜きしたら、すぐにお尻の筋肉が痛くなってしまった。伊良部大橋へ向かう下りではまわりのエアロな方々が、60km/h以上でビュンビュン追い抜いていく。バイクパートの序盤はどうしても団子になってしまい、エアロバーを握りながら超高速で集団走行するのは毎回怖いと思うのだが、よく考えると皆エアロポジションでブレーキをかけられないので、急減速できずかえって安全か。ハンドリングさえ誤らなければ…。

強風が懸念された伊良部大橋、行きはそれほどでもなかったが、往路はそれなりの突風に見舞われた。左から右へ、風圧で往復ビンタされる感じだ。扁平なエアロフレームやディープリムの方はさぞかし恐怖に違いないと思ったら、目の前でディスクホイールの方が落車して下り斜面を滑っていった。そこまでスピードはなく受け身も取られていたので大丈夫かと思うが、自分もヒヤヒヤして減速しながら橋を渡った。90度のカーブで相当減速しても、一度タイヤがスリップして沿道にはみ出そうになったので、ウェットな路面もあなどれない。あとでダイジェスト映像を観たら、トップ選手はみな後輪ディスクホイールだったので、きっと強風下でのバイクコントロールも達人の域に達しているに違いない。

予定通り30kmおきにスポーツようかんで栄養補給。池間大橋までの西海岸は向かい風がきつかったが、橋を折り返すと追い風。島の北側、田園地帯を40km/hくらいで巡行していく。宮古島のバイクコースは、長い橋や島の周回、マングローブ林にサトウキビ畑、ビーチを望める海岸沿いや岬の絶景があり、飽きさせない。特に東平安名崎(ひがしへんなざき)での折り返し区間は、高速で通過するのがもったいないくらいの景観だった。今回はカフェイン入りの補給食を多めにとった効果もあったのか、バイクパートで眠くなることはなかった。平地の無風状態で、37km/hくらいで飛ばせたと思う。本番用の空気抵抗が少ないピチピチウェアか、新規導入したサドル後方ボトルケージのおかげか。

島の南側は、わざわざ「アップダウンあり」と看板が出ているくらい起伏が大きかったが、上りはそこまで喘ぐほどの傾斜ではなく、下りの速度を維持したまま上りに入れる直線が多かったので、気持ちよく走れた。3本目の来間大橋は進行方向に対しての風向きだったので、横から張り倒される恐怖はなく安心して渡れた。さすがに130km以降は疲れが出て、2周回目の逆風区間はダレてきたが、なんとか市街地に戻ってランパートに移った。

ラン 42.195km

おそるおそる走ってみると、左足すねの痛みはさほど感じない。レース中で痛みを無視するドーパミンが出まくっているのか、思い切ってランニングの練習を休んでいたのがよかったのか、スローペースなら走り続けることはできそうだった。

3週間ぶりに、再び走れるようになったことがうれしく、沿道の応援にこたえまくってハイタッチ、ハイテンションで市街地を通り抜けた。「エイドの女の子がみんな美人に見える」のも絶好調のしるしだ。ランのキツイ時間帯で、スポンジやドリンクを渡してくれるボランティアの方々は本当に天使のようだ。

13km地点くらいでさすがにスネにズキッときたので、地雷を抱えたまま、おそるおそる走っていく。トップ選手とすれ違ったので、暇つぶしに折り返してくる選手の数を数えはじめた。
10位以内の選手が歩いていたので、「トップ選手もキツイときがあるんだな」と思ったが、あとで映像を観たら、終盤で抜かれた女子のトップランナーだったのかもしれない。とても悔しそうだった。

折り返し地点まできたところで、数えた順位はだいたい130位くらい。思ったより全然よかったので気合がみなぎるが、さすがに長期間走ってなかったブランクか、後半は疲れて一挙にペースダウンした。1日中、怪しげなジェルを何個も流し込んで、胃がおかしくなっているようだ。力が出ないのはハンガーノックかもしれないが、下手に食べて気持ちが悪くなるのはもっと嫌だったので、ランニング中はドリンクしか飲まなかった。

今回、ランパートで着替えてリフレッシュしようと、古い2XUの上着を持ってきたのだが、実は途中から乳首が擦れてヒリヒリしてきた。ランニングをはじめて、「熱した針で足の爪に穴を開けて溜まった血を抜く」のと同じくらいビックリ知識だった「乳首擦れ」問題だが、持参した絆創膏をうっかりフィニッシュ用のバッグに入れてしまったのだ。スイム前に貼っておけばよかった。

空港に戻ったところであと10kmくらい。フルマラソンでも、いつもつらい35km以降、今回は本当にしんどかった。応援にこたえる元気もなく、エイドにたどり着いては歩いて水分補給、ムチ打ってまたトボトボ走り始める。やはりロングのレースはつらい。今年もまた思い知った。

平良港に戻った折り返し、残り3kmというところで、別のランナーが猛烈に追い上げてきた。後半は抜かれっぱなしだったが、最後くらいはガッツを見せようと、張り合ってスパートをかけた。脚はズキズキ痛むが、「もうどうにでもなれ」という感じで、びっこを引きながらバタバタ走る。

マラソンと違ってトライアスロンはネットでなくグロスタイムの勝負なので、少しでも順位を上げようと、ゴール前の追い抜き合戦があるのはおもしろい。フィニッシュ会場のトラックに入ってから、また別の選手とスプリント勝負になった。一度抜いて油断したところ、ゴール直前で再び刺されて加速が間に合わず、ほんの身体1枚分で競り負けた。1位くらい上がろうが下がろうが、あまり関係ない順位なのだが、結構悔しい。弱ペダのインターハイで主人公に負けた真波君の気分だ。

ゴール後

ゴール後は疲れ切って動けず、体も冷えてきたので、着替えテントに退避して、もらった氷でアイシングしながら30分くらい横になっていた。


多少回復してから宮古そばをいただき、トラックに入ってくる他の選手を応援する。

先ほど自分がトラックに戻ってきたときは、興奮して周りが目に入らなかったが、大勢の人が声援を送ってくれていたのだ。

意外と早くフィニッシュできたので、先に宿に戻ってウェアとウェットスーツの洗濯を済ませた。宿のテレビでレースの生中継をやっていて、最終ランナーのゴールを観ることができた。最後のランナーは皆が伴走して健闘を称える。宿の方によると、昔は目立ちたくてわざと遅れてゴールする人もいたらしい。

miyako_race14

20:30の制限時間ぴったりで会場の門は閉ざされてしまう。

miyako_race12

それまでの関門をかろうじてクリアしてきたランナーがたどり着くが、中に入れずガックリ肩を落とす。これはさすがに見ていて涙が出た。早いペースでクリアするより、疲労やトラブルと闘いながら長い時間かかってゴールする方が、精神的にはつらいと思う。13時間半も走り続けてきて、最後の最後で数秒間に合わなくて完走できないのは、とても悔しいに違いない。

miyako_race13

レース終了後に花火が上がった。きっと会場の方は盛り上がっていることだろう。21時にバイク引き取りが始まる頃を見計らって再び会場に向かう。

宿に戻って、続々戻ってきた選手の方とレースを振り返った。バイク中に眠くて何度も足を止めて休んだとか、みなそれぞれトラブルを抱えながら苦労して完走した、長い一日だったのだと思う。

リザルト

翌日もらったレース速報によると、出走した1,546名中、タイムは10:18’26で総合順位149位だった。足の痛みで途中リタイアする可能性があったので、バイクは後先考えず思い切り踏んだのがよかったのかもしれない。ランはへこたれて今回は4時間切れなかったが、完走できたことが何よりもうれしい。

故障を抱えながらのレース参加という意味で、また勉強になった。思い切って数週間練習を休んで、支障がない部分だけトレーニングして気を紛らわすのはありだった。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280