スポーツ用スマートグラスRecon JETレビュー(ランニング編)

海外ウェブサイトで注文して1年半、なかば諦めかけていたRecon JETがやっと届いた。

スポーツ用に特化したヘッドマウントディスプレイとしては、抜群にカッコいいビジュアル。先にスノボ用のHMDをリリースしている会社なので、開発ノウハウも蓄積していると思われる。ついに「本当に使える」スマートグラスが登場したかと期待が膨らむ。

recon10

さっそく走り回って、自転車に乗って、試してみた。わりとシリアスな市民ランナーの視点で、毎日の練習やレース、実用に耐えうるか、シビアにジャッジしてみたい。

ランニング中の装着感と操作性はまずまず

装着した感覚としては、さすがアクティブな利用シーンをイメージしたフレーム設計か、Google Glassよりさらに安定感がある。想定用途が違うので一概に比較できないが、類似の単眼HMD、Vuzix M100よりは、抜群にフィットする。側面のスワイプ、ボタン操作も感度はまずまず。

プリインストールされている機能から、Active>Runを立ち上げて、立川の昭和記念公園外周を走ってみた。4’20″/kmくらいのペースで15km、1時間強のランニング。画面上は、サイコンのようにシンプルにDISTANCE~DURATIONがされるデザインで、気持ちも盛り上がる。GPSで走行ペースを自動計測して、リアルタイムに表示する機能も便利だ。基本的にHMD側は簡易操作と記録がメインで、ログの確認はBluetoothで転送したスマホアプリで確認することになる。このあたりは、Fitbitや他のランニングアプリと同様の仕様。アプリの画面もすっきりしていてカッコいい。

recon08

画面は視界をふさがないよう、やや下側に寄った位置に見える。自分のピントが合うベストポイントに固定するには、やや調整が難しかった。もう少し可動部の自由度があってもよいと思う。

買ってから気づいたGaze Detection機能

マニュアルを見て気づいたのだが、内側にもカメラがあって眼球の追跡ができるらしい。これを使って、「画面を見ていない時に自動スリープして電力消費を抑える」ことができる。事前のキャリブレーションをしっかり行うと、結構な精度で画面消灯、スリープが働くことがわかった。この手のウェアラブル機器でバッテリーの持ち時間は最大の懸念なので、これを使って少しでも長時間稼働できるなら、画期的な新機能だろう。

ランニング中の使用感としては、他社製品より安定感はあるとはいえ、重心が前側にあるので、頭を振った時はずり落ちそうな不安を感じた。そこは一般に売られているメガネ用のバンドなどで、後頭部に固定すれば済むだろう。

recon11

期待のGlance Detection機能だが、走っているときに路面の状態を確認する度に画面が点いたり消えたりして、かえってうっとおしく感じで、途中からオフにしてしまった。走行中は足元の段差や障害物を気にして、意外と下を向くことが多いようなので、ここはハードの構成か、ソフトのアルゴリズム的にか、改良の余地があると感じた。

気になるバッテリー持ち時間と耐久性

画面の明るさは、夜間にオプションの透明グラスに差し替えて使った場合は、最低値の設定で間に合った。しかし、常時点灯に切り替えると、最低輝度でも満充電から1時間で20%くらいのバッテリー容量に減ってしまったので、スリープ機能の併用は必須かもしれない。別ルートでスリープオンにして走ったら、1時間後もバッテリーは半分程度残っていたので、うまく使えば効果を大きいと思う。

GPSでトレースされた軌跡は結構正確で、後からGoogle Map上でトレースして測った距離とほぼ一致した。今のところルート記録、時速・距離表示がメインだが、ANT+とBLE対応なので、心拍計とか外部のセンサと連動して数値表示できると、さらに便利になりそうだ。

さて、汗っかきな自分としては一番気になるの耐久性。1時間も走ると、さすがにレンズもフレームも汗でべっとりだったが、一応の防水性能はあるのか、すぐに壊れそうな気配はなかった。しかし、レンズとフレームの隙間に汗が入り込んでいて、朝になってもベトベトしていたので、この点は毎回使用後にウェットティッシュで拭くなど手入れが必要そうだ。この点、普通のサングラスのように、ハンドソープをつけて丸洗いできたりしないのは日常使いにやや厳しい。

バッテリーが着脱できる画期的デザイン

こちらはフレームとレンズを分解した写真。

recon03

本体の反対側にバッテリーのユニットがあり、レンズの上の導線を通して給電しているらしい。バッテリーがカウンターウェイトも兼ねていて、よく考えられたデザインだ。海外のレビューサイトによると、使用中のバッテリー交換、ホットスワップに対応しているようだ。

Recon JET撮影画像

ちなみにGoogle Glassよろしく、カメラ機能もバッチリ搭載している。動画撮影も可能。

recon01

夜間撮影のハンデもあって、画質はイマイチに感じるが、走行中のちょっとした記録撮影には便利かもしれない。

recon02

デザインはよいが実用性はまだまだか…

夜間のランニング中に、腕時計のバックライトを表示させたり、いちいち街灯のあるところでタイム確認したりするのは不便なので、いつかハンズフリーのHMDで確認できたらいいなと思っていた。

海外輸送費込みでRecon JETは実売9万円程度。同等のGPS機能を備えた腕時計が3~4万円で手に入るのと、装着感、メンテナンス性、バッテリーの持ちなど、トータルで考えると、残念ながら現段階では万人におススメできるアイテムではなさそうだ。

Gaze Detectionをオンにして、足元を見る時は目を動かさず頭ごと下に向けるなど、訓練すればもっと使いこなせるようになるかもしれない。

その後、多摩川サイクリングロードで、自転車でもRecon JETを試してみた。

スポーツ用スマートグラスRecon JETレビュー(ロードバイク編)
ウェアラブル端末のRecon Jetレビュー。基本機能とラン...

ロードバイクでスマートグラスを使うのは、まだちょっと厳しい…。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280