岐阜~福井県境、天空の林道冠山線をロードバイクで走破

岐阜県本巣市~揖斐川町エリアから福井に抜ける道路が3つあるといわれている。一番メジャーなのは国道157号につながる温水峠だが、極端な隘路にガードレールのない崖、落石、頻発する土砂災害で酷道として有名である。

国道157号を検索すると「酷道!落ちたら死ぬ!」と何やら不穏...

残り2本の冠山峠と高倉峠は林道だが、地元の自転車乗りには周回コースとして利用されているメジャーな峠道のようだ。そのうち東寄りの冠山峠(標高1,050m)の方に上ってみた。

kanmuriyamatoge02kanmuriyamatoge01

徳山バイパス最長の塚白椿隧道を抜けて林道へ

根尾樽見側からはいつも通り馬坂トンネルを超えて徳山ダムにアプローチする。そろそろ積雪が気になる季節だが、山の方を見る限りはまだ白くなっていないので峠まで上れそうな気がする。

kanmuriyamatoge03

国道417号、県道270号との合流地点から先は未開拓のルートだが、Googleマップ上ではほとんどの区間がトンネルになっている。徳山ダムに下ると風が強く、巨大なダム湖はさながら冬の日本海のようだ。

kanmuriyamatoge11

いくつもある橋やトンネルに独特な名前がついていて、「クツゴンニョ橋」とか、ダムに水没した村の地名を継承しているのだと思う。

kanmuriyamatoge10

途中の駐車場に公衆トイレがあるので、ここで休憩していくのもよいだろう。だんだん雨もぱらつきはじめて不穏な天候になってきた。

kanmuriyamatoge12

徳山バイパス最後のトンネル「塚白椿隧道」は総延長3,330mもある。ダム管理か工事関連の車両しか通らないためか、特に警告なく片側通行になっていて、右車線を対向車が走ってきたりするので要注意だ。

kanmuriyamatoge27

この先さらに、冠山の真下を福井側まで抜ける5km近くのトンネルを建設中らしい。完成・供用開始は2025年とのことでまだだいぶ先だが、県境を越える温水峠と2つの林道はいずれも難所で年間半分近く通行止めになるので、トンネルが開通すればかなり便利になるはずだ。揖斐川町の人が福井に日帰りでソースカツ丼を食べに行けるようになるだろう。

kanmuriyamatoge14

冠山林道は温水峠以上に洗い越し・落石多発

トンネル建設の工事現場を抜けて、川沿いの細い道を西に進むと林道塚線・冠山線に切り替わる。2林道の分岐点まではなかなかハードな上りになる。温水峠と同じくガードレールのない崖が多く、路面も荒れているのでうっかりハンドルを取られて谷底に転落しないよう注意が必要だ。

kanmuriyamatoge18

分岐点では右に進めば冠山峠、左に直進すれば高倉峠に進める。

kanmuriyamatoge19

冠山林道をしばらく進むと、温水峠で見慣れた洗い越しが出てくる。流量はそれほどでもないが部分的にかなり深いので、車輪を取られないよう気をつけて進む。

kanmuriyamatoge20

途中から落石の量が半端でなくなってくる。ロードバイクにしては頑丈なタイヤを履いているつもりだが、これはさすがにやばそうなので車体をかついで歩いて通過した。同じような落石ゾーンが峠までに2か所あった。

kanmuriyamatoge21

ところどころ振り返る景色は絶景である。周囲の山より標高が高いところに道が張り付いているので、峠に向かう先はラピュタ的雰囲気に満ちている。

kanmuriyamatoge28

ほんのり雪が積もって霧がかかっている岩肌の山頂が冠山だろう。峠から登山道も通じているはずだが、歩くにはなかなか険しそうな稜線だ。

kanmuriyamatoge29

そろそろゴールかというところで、路肩にちらほら見えていた雪が路面を多いはじめた。ここもスリップが怖いので自転車を担いで上る。

kanmuriyamatoge22

景色のよい峠も福井側はアイスバーンで冬季閉鎖

辿りついた峠には「冠山峠」の巨大な石碑と、近隣町村の目印あり。案内板の向こうにはトイレや登山道が続いているようだ。

kanmuriyamatoge23

福井側は少し早く冬季閉鎖になっていたようだ。どうりで車も自転車も見かけず、道も荒れているわけだと納得した。普段はこんな峠でも、登山用の観光バスが上ってくるらしい。全体的に温水峠よりハードな林道だと思うが、地元のドライバーは慣れているのかもしれない。

kanmuriyamatoge25

福井側ゲートの先はアイスバーン状態だった。なんとなくこの時期、徳山ダム周辺は日本海側から冷たい風が吹きつけるようなので、福井側の方が積雪も早いのかもしれない。北向きだから雪が溶けるのも遅いだろう。

kanmuriyamatoge26

上りは軽く汗ばむくらいのヒルクライムだったが、帰りはさすがに身体が冷えるので手袋もシューズカバーも2枚重ねで下った。途中でクリートがペダルにはまらないと思ったら、シューズ裏ネジ周辺に雪がびっしり張り付いていた。

先ほど雪の上を歩いた際に付着したらしいが、くぼみの部分にびっしり凍り付いていたので、取るのに苦労した。携帯工具でなんとかこそぎ落としたが、ビンディングシューズで雪の上は歩かない方がよいと痛感した。雪の上でバイクを引きずるにしても、タイヤよりシューズを守った方が安全だ。

下りの景色もなかなか明媚だが、ひと気のない林道でうら寂しい感じなので、落石に注意しながら足早に下りた。

kanmuriyamatoge30

高倉峠の連続登坂は諦め、徳山ダム方面の帰途へ

先ほどの分岐点から高倉峠の方にも行こうか迷ったが、下りで顔が冷え切って、包んできたおにぎりもうまく咀嚼できないくらいだったので、今回は諦めて徳山ダムに戻った。

冬季閉鎖の前はさすがに寒くて厳しいツーリングだったが、暖かい季節なら車も少なくて楽しいヒルクライムを楽しめそうだ。福井側に下りて温水峠や高倉峠から岐阜に戻ってくるとか、いくつか周回コースも組めそうなのでまた今度試してみたい。いずれにしても落石多発地帯なので、ロードバイクでも最近出てきたグラベル系のブロックタイヤとか履いて行った方が安心だと思う。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280