巨大さでは徳山ダムにも引けを取らない上大須ダムまでヒルクライム

揖斐川上流の徳山ダムは日本一のロックフィル式ダムとして有名だが、その東にある上大須(かみおおす)ダムもなかなか引けを取らない。98mの高さから見下ろす岩肌は壮大で、ダム湖も1周できるようだ。ダムから先は行き止まりだが、途中にあるNEOキャンピングパークの下見も兼ねて、自転車で向かってみた。

strava_kamiosu_dam02strava_kamiosu_dam01

国道417号の分岐から上大須ダムへ

樽見の集落で国道157号から分岐した417号が北に向かって走っている。417号は道なりに東に進めば、山県市を超えて関市方面に向かう、山の中の幹線道路だ。

kamiosu_dam01

川沿いにしばらく進むと、キャンピングパークと上大須ダムへの分岐がある。通行止めと出ているのは157号、温水峠の冬季閉鎖区間を示しているようだ。

kamiosu_dam02

途中4か所ほどトンネルがあるが、ダムの保守に向かう車両用か、山奥にしてはよく整備されている。本巣市から揖斐川町にかけて、ダム周辺の道路やトンネルは中部電力がスポンサーなのか、路面もすべすべである。

キャンピングパークを超えたところで川底の工事をしている箇所があり、土砂を運ぶダンプが行き来しているので注意が必要だ。

kamiosu_dam03

ダムと工事関係者以外はほとんど通らなそうな山道でも、ところどころに集落があって、人が住んでいるようにみえる。樽見から13kmくらい走ったところで、ようやく根尾のキャンピングパークにたどり着いた。

シーズン中は大人気のNEOキャンピングパーク

こんな奥地にあるにしては、意外なほど立派なコテージが数軒並んでいる。オートキャンプ用の駐車場区画も、ふんだんに用意されているようだ。これでも夏の間は予約が取れないくらい満員で、冬も雪が積もれば雪上キャンプで人気らしい。

道すがら古びたバンガローくらいしか見当たらなかったので、奥美濃唯一の本格キャンプ場となれば、名古屋からも家族連れが殺到するに違いない。首都圏で夏休みに奥多摩や道志みちのキャンプ場が混むのと似たような状況だろう。

kamiosu_dam04

先日キャンプ場のスタッフの方に、冷蔵庫を譲ってもらったお礼を伝えたかったのだが、残念ながら不在だった。雪が積もるまでの時期はお客さんも少なく、オフシーズンらしい。

山奥の謎の大鳥居

キャンプ場を過ぎると、突然巨大なコンクリート製の鳥居が見えてくる。橋を渡った先に社がありそうだが、本殿はたいした規模でもなく鳥居だけがやけに立派に見える。ダム工事の関係で移設したのか強烈なたたりでもあったのか、何かわけがありそうだ。石碑を読むと、1200年前からまつられていた明神様の由来があるらしい。

kamiosu_dam05

その後、157号温水峠方面へ通じる分岐があり、地図上ではかなり険しそうな峠道を超えて猫峠の方に通じている。以前、157号側から途中までたどってみた道なので、またチャンスがあったら開拓してみたいルートだ。

kamiosu_dam10

分岐を過ぎると、いよいよ上大須ダムが近づいてきたのか、坂の斜度がどんどんきつくなっていく。ダム周辺に急坂が多いというのは定説だが、ゴルフ場よりはましだろう。途中で一瞬ありない角度の坂道が見えたが、建設中なのか廃棄されたのか通行止めになっており、ここは登らずに済んだ。

kamiosu_dam06

川浦ダムへの道は通行止め

坂の途中からいよいよロックフィル式の斜面が見えてくる。近代的な人工建造物だが、自然石が積まれているのため、朽ち果てた山城か遺跡のような趣を感じさせる。

城の石垣でいうと、江戸時代初期に完成された切り込み接ぎより、戦国時代の野面積みのような印象だ。プリミティブな工法で強度はあるが、敵に攻略されやすい欠点がある。上り坂の途中ですれ違ったのは、ダムに向かう管理用の車両と、見慣れた猿だけだった。

kamiosu_dam08

ダム直前の分岐から先の道は、東にある川浦(かおれ)ダムに通じているはずだ。Googleマップではつづら折りの峠道が見て取れるが、この先は関係者以外立ち入り禁止のようだ。一般人は到達できない川浦ダムは、幻のダムと呼ばれている。

上大須と川浦の2つのダムで夜間電力を利用して上に水を上げ、昼間に流す揚水発電が行われている。自然の地形を使った壮大な蓄電池ともいえるシステムだ。

落差98mのロックフィルダム

上大須ダムの上端は通ることができて、ロックフィルのゆるい傾斜を間近に見下ろすことができる。巨大なすべり台というか、冬はスキーやソリでも楽しめそうな斜面だ。いつかダムとして役目を終えるときがきたら、いい遊び場に改造できそうだ。

kamiosu_dam09

ダム湖の周遊道路は残念ながら2方向とも通行止めで、先に進むことはできなかった。対岸から見ると、入口すぐのところに大きく斜面が崩れているところがあり、これが原因ではないかと思う。

kamiosu_dam07

その後、樽見まで戻って往復35kmほどの行程。157号~揖斐川町周遊のツーリングで余裕があれば、徳山ダムのついでに上大須ダムも見学してみてはいかがだろうか。野生の猿以外は人もまばらなので、壮大な眺めを独り占めできること請け合いだ。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280