仙台市民の手頃な裏山、太白山に登山。低山だが急峻な鎖場あり

仙台の市街地から国道286号で南西の秋保温泉に向かう途中に、太白山と呼ばれる山がある。標高321mの低山だが、そこそこ目立つ独立峰で、スーパーマリオの背景にありそうなマンガ的なおむすび型をしている。

仙台の実家に帰って秋保温泉に行くたびに気になっていたのだが、ケガの後のリハビリウォーキングも兼ねて登ってみた。

taihakusan02

太白山の背後にそびえる茂庭台団地

仙台市南部の太白区から西に向かって歩くと、すぐに八木山や太白山の山並みが見えてくる。仙台駅前から青葉城に上って南に下っても八木山橋のあたりで断崖絶壁を拝める。仙台は西に3kmも進めばすぐに深山幽谷に変わるので、トレイル好きにはうれしい街だ。

余裕があったので、286号で東北自動車道の高架をくぐって茂庭の交差点を右折し、山中に切り開かれた茂庭台の団地を見に行ってみた。バブル期に計画されたニュータウンで、山の奥に33階建てのタワーマンションが忽然とそびえている不思議な光景だ。仙台の山で目立つ高層建築物といえば、茂庭台のマンションか泉区の大観音、大寺山のライトアップされた鉄塔を思い出す。

taihakusan17

当初は茂庭台から市営モノレールの南西線が出る計画だったが、1991年に白紙撤回。その後、2015年に地下鉄東西線として八木山までは開通した。茂庭台団地も1982年の分譲開始から34年経って、入居者の高齢化や人口減少で寂しい光景になっているかと思ったが、中心部のスーパーは年末の活気にあふれていた。東日本大震災のあと、沿岸部から仙台市内への移住者が増えているのか、地方都市のニュータウンにしては例外的に人口流入が多いのかもしれない。

林道から太白山の登山口にアプローチ

太白山の登山口にアプローチする林道が各方面から通じている。東側の自然観察の森から出発するのがメジャールートだと思うが、散歩のついでに茂庭台の北側から林道佐保山線で山に入ってみた。

taihakusan01

仙台市内、住宅街の裏山のようなところでも熊が出る。今年に入って青葉区と泉区で住民が熊に襲われた被害があったようだ。

taihakusan03

太白山のエリアは代々私有地で、地主さんの好意で一般に開放されているらしい。地元のボランティアのおかげと思うが、林道や登山道はよく整備されている。熊の警告が気になる以外は気持ちのいい林道を進むと、ほどなく分岐点に到達する。

taihakusan04

案内板が充実しているので迷うことはないだろう。山のまわりを周遊できるように林道が通じているので、住民の散歩にも使われているようだ。何人かとすれ違った。

taihakusan05

太白山の歴史としては、源頼朝が奥州藤原氏を滅ぼした際に配下の武将に与えた土地ということで、900年くらいさかのぼれるエピソードがあるようだ。

taihakusan07

中腹から山頂にかけては鎖場の急勾配

登山道に沿って中腹と山頂に神社がある。鳥居をくぐって登り始めると最初はゆるい石段が続く。

taihakusan08

中腹の平地に神楽殿がある。仙台市内の他の神社で神楽は廃れつつあるが、太白山では今でも市指定の無形民俗文化財として生出森八幡神楽は伝承されているようだ。

taihakusan10

中腹から徐々に勾配がきつくなり、ちらちら視界に入る「熊出没注意」の看板も気になる。日暮れ近くで人通りも少なく、さすがに熊鈴は持ち合わせていなかったので、気休めだがスマホのスピーカーで音楽を鳴らしながら歩いた。

taihakusan11

震災で崩れた石垣や階段がそのままになっていて、復興奉賛金を募る看板をいくつか見かけた。

taihakusan12

終盤は山の容姿どおり、急勾配の鎖場になる。100mくらいの区間だが、それまでのなだらかな林道からがらっと雰囲気が変わって、真冬でもじわっと汗をかくくらいの登坂を経験できる。道に沿ってびっしり鎖が張ってあるので安心だが、人が多い時は鎖が暴れて当たりそうな気もする。

taihakusan13

山頂はごつごつした岩場でひっそり神社が立っている。脇にある石碑は地震で倒れたのか割れたままだ。

taihakusan14

まわりに木が生えていて眺望はいまいちだが、季節的に落葉していたおかげで市街地を遠くまで望めた。空気が澄んでいたようで、300m強の標高ながら、太平洋や松島の島々、石巻から牡鹿半島のあたりまでうっすら見ることができた。

taihakusan16

太もも痛の原因

下りの急勾配で、先日の能郷白山登山で出た太もも前側の痛みが再発した。その後ちょっとした坂道の下りや、ランニングも2kmくらい走っただけですぐ痛くなり困っていたのだが、2週間くらい完全休養してもまだ治っていなかった。おそらく11月の大田原マラソン後の筋肉痛を抱えたまま登山で足を酷使したので、部分的に肉離れに近い症状になってしまったのではないかと思う。能郷白山の帰りで2kmくらい、痛みに脂汗をかきながら無理して下山した際に相当悪化したと思われる。

太ももの痛みは数年前から悩まされていたので原因を調べてみたが、神経性であれば脊柱管狭窄症、血管性であれば閉塞性動脈硬化症の疑いはある。ただ、間欠性跛行の症状といっても坂道や階段の下り、走らなければ発症しないので、やはり単なる筋肉痛の可能性が高いと思う。年明けしばらくレースの予定はないので、思い切り1ヶ月くらい休んだ方がよいのかもしれない。

仙台のトレイルランナーの方と雑談

太白山から痛みをこらえてよろよろ下っていると、ストックを持った方がハイペースで登って引き返して降りてこられた。少し話すと普段トレランをされているらしく、今年のハセツネにも出られていたらしい。ハセツネは7回参加、キタタン、富士登山も一通り出て、マラソンも仙台からつくば、大田原くらいまで日帰りで参加されるベテランの方だった。

同じく足を痛めてリハビリ中とのことで、なんだか似たような境遇だな思った。年の暮れの寒い時期にわざわざ山に登りに来るのは、物好きなトレイルランナーくらいなのか。正月も家でだらだらしていると体がなまりそうなので、裏山でも散歩して気を紛らわしたい気がする。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280