本巣市~揖斐川町自転車周回コース。徳山ダム周辺はTT練習に最適

岐阜県本巣市を南北に貫く国道157号と、並行して西の揖斐川町を走る国道417号。両者を東西につなぐ道路が2つあり、北は根尾から徳山ダムに抜ける県道270号、南は谷汲山の華厳寺近くを通る県道40号。これらを経由しながら山道を70kmほどで1周する周回コースを考えてみた。

tokuyamadam_strava02tokuyamadam_strava01

国道157号は本巣市街地から温水峠に至る根尾能郷までの区間は起伏も少なく快適な舗装路であり、417号の徳山ダム周辺もこれだけ山深いエリアとしては信じられないほど、出来立ての高速道路のように路面がフラットであった。県道40、270号ではきつすぎない斜度のヒルクライムをそれぞれ10kmほど楽しめ、平地も山岳も両方満喫できる魅力的なコースだとわかった。休日に4時間くらいかけて1周すれば、まんべんなく脚を鍛えられて練習にちょうどよさそうだ。

根尾から県道270号を上って馬坂トンネルへ

道の駅「うすずみ桜の里・ねお」を通り過ぎて157号を北に向かうと、1kmほどで西の徳山ダム方面へ分岐するT字路に差し掛かる。

tokuyamadam14

ヘアピンカーブになっているところを民家の前で左折して、共栄橋という短い橋を渡ったところから県道270号が始まる。

tokuyamadam01

この先にも少し集落はあるが、基本的に地元の人以外は通らない閑散とした山道である。橋を渡り切ったところに円勝寺の案内板があり、織田信長関連のエピソードを読むことができる。僧侶の首を投げ捨てた「坊主落し」という不気味な場所らしい。

tokuyamadam02

この先の馬坂トンネルが峠のピークで、そこまで根尾側からは9kmの道のり。

tokuyamadam03

道幅はやや狭く、多少落石もあるが、温水峠に比べれば全然ましである。滅多に車も通らず、激坂というほどの勾配でもないので、山の景色やサルを見ながら淡々と上っていける。

tokuyamadam05

馬坂トンネルには照明がないが、距離は短いのでライト点灯して慎重に走れば問題ない。ところどころ湧水でできた水たまりがあるので、徐行してゆっくり進んだ方がよいだろう。

tokuyamadam06

馬坂峠のコース図はこちらに。

岐阜県本巣市を南北に走る国道157号と、同様に揖斐川町を貫く...

徳山ダム周辺は絶好のTT練習コース

トンネルを抜けると眼下に徳山ダムの一部を見下ろせる。ここからしばらく下って橋とトンネルを抜けると国道417号に合流する。

tokuyamadam07

合流地点から藤橋城のあたりまで8kmくらいの区間は、非常に路面がフラットで走りやすい。南下する場合は若干下り坂になるので、エアロバーを握って40km/h以上のハイスピードで巡行できる。トンネルも多いが交通量は少ないので問題ない。福井側から冠山を超えてやって来る物好きな車か、工事関連の車両とたまにすれ違うくらいだ。

tokuyamadam09

トンネル内はほぼ一直線で、まるで風洞実験なシチュエーションを楽しむことができる。こんなに恵まれた平地走行ができるのは日本全国、湾岸や空港周辺も含めてめずらしいかもしれない。しかもところどころ渡る橋やダム湖は絶景である。

tokuyamadam10

徳山ダムに似合うBGMはケン・イシイの2nd、”Jelly Tones”1曲目Extraあたりで。森本晃司の90年代サイバーパンク風PVアニメをイメージしながら。

出発が遅れて日が暮れてしまった。道はきれいだが街灯はないのでGENTOS2灯全開で走る。徳山ダムを過ぎて次の横山ダムまではカーブが多くて路面も荒れたところが出てくるので、できれば明るいうちに帰った方がよいだろう。横山ダムから先はやっと揖斐川町の民家の明かりが見えてくる。

道の駅にある温泉「藤橋の湯」は風情のある露天風呂

しばらく進むと、道の駅「星のふるさと・ふじはし」がある。天体観測スポットらしいが、この日は曇りで星は見えず。物販は18時、レストランは17時で終了していて、併設の温泉「藤橋の湯」は21時まで開いている。中のレストランも20時までオープン。

tokuyamadam11

本巣市に戻って谷汲あたりの温泉に入るつもりで手拭いを持ってきたが、せっかくなので藤橋の湯に立ち寄ってみた。510円で露天風呂にサウナ付き、足湯だけなら無料。風呂から眺める山の風景は申し分ない。

東京は奥多摩の温泉だと800円くらいするが、岐阜はどこでも500円くらいで入浴できるので恵まれていると思う。周回コース中コンビニは皆無だが、道の駅や温泉がいくつかあるので補給は可能だ。

tokuyamadam12

416号の長いトンネル歩道は段差と障害物に注意

道の駅を超えてしばらく進むと長さ2kmほどの長いトンネルに差し掛かる。さすがに長いので歩道を進むが、薄暗い上にやたら段差とグレーチングが多くて走りにくかった。しかも空き缶や車のホイールくらいの大きさのよくわからないごみが散らばっているので要注意。一度後輪で得体の知れないものを踏んで派手な音がしたが、パンクしないで助かった。

長いトンネルを超えた先の交差点を左折し、県道40号で谷汲山方面へ。序盤はややきつい上り坂だが、路面も悪くなく走りやすい道路だ。中ほどやや西寄りのトンネルがピークで、そこから根尾側へ向かってはずっと下り基調。

今回は川を渡って157号に合流せず、あえて山際の県道255号で北上してみたが、真っ暗なうえ、渓谷沿いのかなり寂しい(怖い)道だったので、夜間走行はおすすめしない。明るいうちなら157号より交通量は少ないので、景色を楽しみながら走るにはよい道だろう。

下の写真は別の日に県道255号で撮影した写真。157号よりさらに山深くところどころ樽見鉄道とすれ違って心癒される風景だ。

tokuyamadam16

県道270号は12/9~4/28の期間、冬季通行止め

根尾と徳山ダムを結ぶ270号は12月から4月いっぱいまで5か月も冬季閉鎖されてしまう。冬は積雪も相当だろうから、本コースは残念ながら春~秋限定になりそうだ。後日、両方向から通行止めゲートの状況を確認した。

gifu270gate01

本巣市側のゲートは簡素だが、揖斐川町の方は土嚢で完全閉鎖されている。道すがら「なだれ注意」の標識も多かったので、適当な障害物ではすぐに雪に埋もれたり流されてしまったりするのだろうか。

gifu270gate02

本巣市と揖斐川町を縦断する山の中の70km周回コース。岐阜市~大垣市、がんばれば名古屋あたりからも週末ライドに来るにはおすすめのスポットだ。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280