世界最小クラスのミニフロアポンプACOR AMP-21301 AS3

出張先にロードバイクを持ち込んだものの、うかつにも空気入れを忘れてしまった。8ヶ月もノーメンテだったIRC X-Guardのチューブレスタイヤを履いていたので、近くの自転車屋さんや知り合いにポンプを借りれば十分かと思って油断していた。

ACOR、AMP-21205は普段利用もレース遠征も兼用できて便利

自宅にACORの軽量キャリーフロアポンプAMP-21205を持っていて、離島のトライアスロン大会には毎回持っていくのだが、レース会場のバイク預託前にたいていポンプを借りられるので使わずじまいだった。

コスパが高いと評判の、サーファスのフロアポンプFP-200も持っていたが、以前の職場に置きっぱなしにしてきてしまった。4,000円もしなかったと思うが高圧注入できて圧力ゲージも見やすく、初めて買ったフロアポンプとしてSERFASは申し分がなかった。最近はカラーバリエーションが増えて、ゴールドやステルスブラックなんて色もあっておもしろい。

据え置きで使うならサーファスは便利だが、さすがにレースで持ち歩くにはかさばる。ACORで十分チューブレスのビードも上げられたので、まあこれ1本あれば日常用途もレース用も兼ねられて十分かと思った。

今回の出張でもAMP-21205を持って来ればよかったのだが、最近出先でポンプを借りられることが多かったので、何となくなくても大丈夫かと思ってしまった。1週間に1回くらい、チューブレスタイヤから自然に抜けた空気を補うには適当なポンプでよかっただろう。しかし、まさか現地ツーリング初日からサイドカットで派手にパンクして、タイヤ交換が必要な目に遭うとは予測できなかった。

http://tboy.jp/2016/12/11/sidecut/

携帯できる極小フロアポンプACOR AS3に興味あり

知人から借りたママチャリ用ポンプでは全然ビードが上がる気配がしなかったので、アマゾンで空気入れを注文しようと思った。ACORのAMP-21205が気に入っていたので、正直これをもう1本買い足して自宅と出張先に常備しようと考えたが、販売元アクションスポーツのウェブサイトを見ると、何やらさらに小型のフロアポンプがラインナップされていた。

AMP-21301ミニフロアポンプAS3。フレームに装着して持ち運びできるのに、伸縮部が2倍に伸びて足で踏むスタンド付き、さらに空気圧ゲージも付いているというアイデア商品だ。ウェブのレビューも総じて好評で、空気圧はMAX120psi、8.3気圧まで入れられる。

仮説だが、もしAS3が普通のフロアポンプとしてAMP-21205とそん色なく使えるなら、これ1本で自宅・ツーリング中・レース遠征のすべての用途を兼ねられるのではないだろうか。帯に短し襷に長しとなる恐れもあるが、価格も3,000円台とそれほど高くはないので、一度試してみようと思った。

acor_as3_11

AMP-21301ミニフロアポンプAS3の使い方

さっそくアマゾンで届いたAS3のポンプを開梱するが、説明書らしきものは付いていない。パッケージにシールは貼ってあるが、公式サイトの製品紹介以上の情報は書かれていない。

acor_as3_07

直観的に使い方はわかりそうなものだが、最初につまづいたのは胴体の銀色部分をどうしても伸ばせない問題だった。Lock/Unlockのネジと、最上部のネジは回せるが、シルバーのシリンダーが固定されていてどうやっても伸ばせない。試行錯誤の末、ペンチで回してみたらやっとロックが外れた。

acor_as3_01

口金は仏/米式に対応するデュアルヘッドだが、フレンチバルブに対応するのは青色の方である。

acor_as3_03

バルブにあてがって押さえたまま、反対側の赤色の部分を回転させると、黒い胴体を軸として青色の部分も回転する。バルブのネジ穴とうまく噛み合うと固定できる。この方法で口金をバルブに結合しないと、チューブが短いのでポンピング中に定位置をキープするのは不可能だろう。

acor_as3_08

パンク修理したチューブレスタイヤに空気を入れたが、どうやってもビードが上がらなかった。他のポンプに替えても同様で、リムテープの陥没した隙間など様々な要因が考えられるので、AS3が力不足だったとは結論できない。

http://tboy.jp/2016/12/09/tubeless_repair/

その後、普通にチューブを入れてAS空気注入したら、スペック通り7気圧くらいまでは難なくチャージできた。6気圧目から先は両手で体重をかけて押さないとハンドルが沈まないくらい抵抗があった。後で調べたら黒い胴体上部のネジを緩めてUnlock(barrel)の方に切り替えると、高圧で入れるのが楽になるようだ。説明書がないので便利機能にさっぱり気づかなかった。

acor_as3_10

AS3に搭載されている数々のギミックに惚れ惚れする

AS3の仕組みをよく見ると、ハンドルの持ち手を起こすとT字型に固定できるようパイプに噛み合う溝が彫られている。さらに空気圧ゲージは普段胴体に格納されていて、足踏みようの銀色のペダルを倒すとロック解除されて飛び出る仕組みになっている。このあたりのギミックはよくできていて、決して見掛け倒しではない。

acor_as3_06

AS3がコンパクトとはいえ類似製品よりはさすがに大きいので、フレームに装着して持ち運ぶかどうかは迷うところだ。ただし、出先で高圧チャージできて空気圧管理もできるのは便利なので、泊りがけのロングライドでバックパックに忍ばせておくにはちょうどよさそうだ。

チューブレスを諦めてクリンチャーに戻るなら、もくろみ通りこれ1本で自宅からレースまですべてのシチュエーションに対応するのは可能だろう。実用性を担保できれば、自転車用のツールは軽くてかさばらないことに越したことはない。ACOR AS3はハイエンドなフロアポンプと携帯ポンプの中間的位置づけの製品だが、使いようによってはあらゆる場面で活用できる最強の空気入れになりそうな気がする。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280