DEDA Carbon Blast改造~エアロバーアームパッド交換のすすめ

2012年の末頃に購入したショートリーチのエアロバー、デダ・カーボンブラスト。ロードバイクの空気抵抗軽減を狙ったエアロポジションを実現するための必須アイテムである。ドロップハンドルでも後付けして脇を締めて握ると、高速域で若干スピードが上がる気がする。

carbon_blast08

デダ・カーボンブラストの費用対効果

エアロバーの分野では、プロファイルデザインがメジャーで種類も豊富だが、なんとなくデダの一体成型された優雅なデザインに惚れて買ってしまった。この造形美はカーボンでなければなしえない。

しかし価格は類似品の2~3倍もする。当時は金銭感覚がマヒしてバイクのパーツを買いまくっていて、ちょうどレース前で早く実戦投入したいという理由もあった。もう少し待てば、廉価なアルミ製のメタルブラストが半額で手に入ったというのに…。

こんなハンドル先にちょこんと載せるだけのものを、カーボンで軽量化しても意味がない。むしろハンドルまわりは多少重くても、アルミでがっちり固めた方が安心という意見もある。

カーボンだから冬場に素手で握っても冷たくないか、とか考えたが、滑りまくるのでバーテープを巻いてしまった。メタルブラストや他社製品のように、パッドがネジ止めでなく固定型なので、緩んでずれる心配がないのが唯一のメリットである。振動吸収性もごくわずかに向上しているかも…。

後悔先に立たず。自分のバイクの中では、他に比べて不相応に高価なパーツだが、目の前に鎮座するカーボン様をありがたくにぎにぎしている。

ショートリーチ・エアロバーのメリット

ショートリーチなので空気抵抗の軽減効果は普通のエアロバーより劣るが、ノーマルポジションのまま若干前乗り・前傾姿勢を取れるので重宝している。実感としては、平地の高速巡行、35km/h以上でポジションを変えて3km/hくらいアップするかなという印象。空気抵抗よりも、エアロバーを握ることにより「もう一段加速するぜ」とテンションが上がる心理的効果の方が有効かもしれない。

当初の狙い通り、装備規制のあるヒルクライムやエンデューロのレースでは、ハンドルから外すだけで簡単に対応できる。もしブルホーン型のハンドルだったり、ロングリーチのエアロバーに合わせてサドルやシートピラーを前傾させていたら、レースごとに大幅なポジション調整が必要になるだろう。

ロングディスタンスのトライアスロンもカーボンブラストで3回出場したが、特に不便は感じなかった。もちろん、普通のエアロバーなら高速域でさらにスピードも上がると思うが、普段街中を走るときは無用の長物だし、レース輸送用のバイクケースに収まらなかったりと、いろいろ弊害も多そうだ。

エアロバーに巻くのは薄手のバーテープがよい

以前のモデルはシンプルなロゴのプリントだけで好感を持ったのだが、注文して届いたカーボンブラストの新型は、前面にでかでかとDEDAのロゴが入ったいまいちなデザインだった。

carbon_blast04

カーボンむき出しではグローブをしたままでも滑る感覚があったので、別で使って余っていたOGKの超薄手バーテープを巻いた。あまり厚手でもこもこすると不格好なので、エアロバーに巻くバーテープは薄い方がよいだろう。

バーテープを巻くときに、先端パーツ内の輪ゴム状の緩衝材が切れていたが、特に実用上の問題はなさそうだ。

carbon_blast01

トライアスロンのレース中はグローブをしない人も多いと思うから、なにかしら滑り止めはしておいた方がよいと思う。エアロポジションでスピードを出しているときに、手元が滑るとかなり焦る。

アームレストのパッド交換を検討

カーボンブラストを使い始めて1ヶ月ほど経つと、スポンジのパッドがへたってきた。不要なロゴのプリントが粉になって取れてくるのは構わないのだが、どうもパッドの弾力性が乏しく、手首が直接土台のカーボンに当たって痛い気がする。冬場なのでまだましだったが、夏は汗を吸ってじゅくじゅくになり、臭くて目も当てられなくなるだろう。

フィジークから出ているゲルのパッドを貼ろうかと思ったが、残念ながらDEDA向けのモデルは出ていなかった。

ここは汎用的な素材で代用可能かと思い、東急ハンズの素材コーナーで探してみた。家電やスピーカー用の振動吸収フォームがいくつかあり、その中で割と安価で色も黒で似合いそうだった「クラウン ゼドラン コンフォートキング」の10×10cm、厚み10mmのものを左右2枚購入した。

carbon_blast05

アマゾンで売っているこれと同じと思う。

衝撃振動吸収フォーム、コンフォートキングの威力

カーボンブラストのパッド形状を適当な紙にトレースして、フォームマットをカッターで裁断。後で調べたらウェブに図面が出ていたので、これを実寸サイズに拡大コピーして型紙としてもよいかもしれない。強めの両面テープで張り付けただけだが、レースや悪天候で4年間酷使してもまったく劣化する気配がない。

carbon_blast09

パッドをコンフォートキングに替えるだけで、驚くほど手首の痛みがなくなった。厚さ10mmあり、荷重をかけると適度に沈み込むが底打ちしない弾力性がある。しかも汗を吸わない表面加工なので、使用後はウェットティッシュで拭いておくだけで臭くならないのもありがたい。

carbon_blast07

さすがに長時間のレースやロングライドでは翌日手首が痛くなることがあるが、デフォルトで付いていた安いスポンジなら、痛くて1時間とバーを握っていられないと思う。そもそもショートリーチのエアロバーは、肘ではなく手首の付け根という、人間的に不自然な個所に加重がかかるため仕方ないと思う。その意味では、長時間使用の快適性を求めるなら、通常長さのエアロバーを購入すべきか。

carbon_blast06

東急ハンズの店頭には、価格は上がるが他にも医療用のゲルパッドとか高機能素材が並んでいた。コシの強いコンフォートキングの上に低反発のウレタンを貼るとか、重層構造にすればさらなる機能向上を追求できると思う。

わりと手軽に対策できて効果絶大なので、デダのカーボン/メタルブラストをお持ちの方は、パッド素材の交換を検討してみてはいかがだろう。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280