FUJIとTOMATOのコラボバイク

渋谷のパルコで行われている、Underworldの展示で、気になった自転車。

ファニーバイクと呼ばれるスタイル

FUJIとTOMATOのコラボした「Low-Pro」というモデルで、国内100台限定で販売されたようだ。トップチューブが前下がりなのはめずらしいが、TT競技で空気抵抗を減らすために開発された、ファニーバイクというジャンルらしい。マットなカラーリングがシブい。

TOMATO設立25周年の回顧展。90年代のレコードジャケットもあり、懐かしい。

8階で展示していたGearVRのパノラマライブ映像も、振動チェアとの組み合わせでおもしろかったが、画質的には「もう一声」という印象。

サイモン・テイラーとケルビムのハミングバード

TOMATOのサイモン・テイラーがケルビルとコラボした、ハミングバードというバイクもあるらしい。クロモリフレームでこの造形…工房の映像もかっこいい。シートチューブが後輪の上まで沿っていて、空気抵抗が少なそうだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シングルスピードなのが残念だが、平地で重量差が気にならないトライアスロンなら、スチール素材のバイクの方がフレームを細くつくれて空気抵抗的に有利では、と思う時もある。

カール・ハイドのソロアルバム”EDGELAND”

アンダーワールドが懐かしく思って近作を探してみたら、カール・ハイドのソロ作品が出ていたらしい。KARL HYDE “EDGELAND”。

ジャケットが美しいのは言わずもがな。本家のダンスミュージックとは一線を画するスローな曲が中心で、最初はインパクトがなかったが、繰り返し聴いているとジワジワ良さがわかってきた。1、4、6曲目あたりが好みで、特に”Slummin’ It For The Weekend”はブライアン・イーノのリミックスも入っていて、こちらもさらによい。

附属のDVDに収められている映像作品”The Outer Edges”はインタビュー中心なのだが、時々、寂寞とした郊外の映像に収録曲が重ねられて、コンセプトが伝わってくる。埼玉や神奈川の郊外、都会と田舎の中間くらいの平凡な街並みをロードバイクで走っているときに、頭に浮かんできそうなメロディーだ。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280