ハセツネ前半試走(武蔵五日市駅~都民の森)

一昨日の後半区間に引き続き、今度は武蔵五日市駅から都民の森まで、ハセツネコース前半を35km試走。

もうレース本番まで一週間を切っているが、天気予報を見る限り今週晴れの日は少ない。本番までに疲れを残さず練習できるのは今日しかないと判断して出発した。本番は雨の予報なので、むしろ悪天候で走る練習をした方がよいかもしれないが、平日ひと気のない山奥で雨に打たれるのはぞっとしない。

一昨日の練習で太ももから大殿筋にかけての筋肉痛がひどく、特に階段や坂道の下りがきつい。登りは息が上がって汗をかくが、足への負担はずっと少なく感じる。だましだまし走っていたら、最後の方が筋肉がほぐれてきてだいぶ楽になった。

ハセツネ本番1週間前の日曜、三頭山~御前山の未踏区間を含む後...

早朝に出発すれば、都民の森16:45発の最終バスに乗れるかと思ったが、少し遅れて9時に武蔵五日市駅を出たら間に合わなかった。夜の奥多摩周遊道路を数馬の湯まで下りて、そこからバスで無事帰宅。(数馬の湯まで歩いて1時間はかかるので、都民の森最終バスを逃した方はご注意を)

hasetsune_practice2_30

ハセツネ前半区間は後半に比べると岩場や難所は少なかったが、終始アップダウンの連続で快適に走れる道が少なく、予想以上にハードだった。

武蔵五日市駅~今熊山~入山峠~市道山分岐~醍醐丸

いつもは駅を降りると、登山客やロードバイクを組み立てる輪行の人でにぎわう武蔵五日市駅だが、平日はがらがらだった。バス待ちの行列もない。だが、今週の貴重な晴れ間とあってか、何人かランナーとローディにすれ違った。

hasetsune_practice2_01

駅から檜原街道、県道33号を奥多摩の方に向かって、上町の交差点で左折。本番はもう少し近くの五日市中学校からスタートになると思う。今年に入ってもう5回くらい走った序盤区間なので、道はだいたい覚えた。ここから今熊神社あたりまでひどい行列になるらしいので、まあ体力温存・ウォーミングアップと思って軽く流す。

hasetsune_practice2_02

広徳寺の前でUターンしてすぐのイノシシ避けの電線がいつも気になるが、本番ではどうなるのだろう。このままだと感電する人が続出する気がする。

hasetsune_practice2_03

その先、道が3つに分岐するところはいつも迷うのだが、右手の斜面の方に第4の道があり、そちらがハセツネ公式コースであることがわかった。傾斜はあるが快適なルートで、普段通っている、常にぬかるむあのV字谷を通らなくてよいとわかってほっとした。

hasetsune_practice2_04

今熊山までの最初の急登で、熊手で道を掃きながら登っているおじいさんがいた。今熊神社奥宮までの参道は登山道なので掃いてもあまり変わらなそうだが、作業の労力を考えると恐れ入る。

hasetsune_practice2_09

前回試走した後半区間、日の出山から先と同様に、「山岳耐久レース」の看板があちこちに出ていて、やっとどれが公式コースかわかってきた。入山峠までの途中にあるピークは、まき道に逃げず登るらしい。

hasetsune_practice2_05

入山峠を過ぎて鳥切場に向かう途中、前から気になっていた分岐は直登で正解のようだ。

hasetsune_practice2_06

ただそのまままっすぐ下ると鳥切場に着いたものの、コースの案内板を見失ってしまった。鳥切場でUターンするのもおかしく、その後、市道山方向でピークから降りてくる道と合流するので、先ほどの急坂のどこかで右に曲がる分岐点があるのだろう。本番で確認したい。

hasetsune_practice2_07

市道山に向かう峰見通りはアップダウンが激しく毎回苦労する区間。数えたら5個くらいのピークが連続していた。ほとんど走れる区間もなく序盤の難所と思っていたが、その後の浅間峠まではずっとこんな感じだった。峰見通りの途中で伐採されて眺望がよい個所がある。ここではまだ日が暮れていない予定だから、おそらく終盤の金毘羅尾根で日が昇るまでは、景色を拝める唯一の場所になるだろう。

hasetsune_practice2_08

駅前をスタートしてから2時間半で市道山分岐に到着。

hasetsune_practice2_10

序盤の渋滞がどこまで続くかわからないが、7月のキタタンの経験からすると30分くらいロスするかもしれない。

距離44.24km、獲得標高2,900m(公式パンフによる)...

醍醐丸~連行峰~三国峠~熊倉山~浅間峠

市道山分岐から醍醐丸までは、やっと平坦になり走れる区間が増えてくる。最後の長い登りを終えて醍醐丸に到着。以前の夜間走行練習では、ここから和田峠~高尾山方面に向かったので、右折してハセツネ公式ルートに挑むのは初めてだ。ここから先、三頭山までは、地図上では北西に向かうほぼ一直線のルートなので迷うことはなさそうだが、路面や傾斜の具体を確認しておきたい。

hasetsune_practice2_11

道端にソフトボール大の奇怪なオブジェがあった。あまりに違和感があるので最初は人工物かと思ったが、よく見るとキノコのようにも思われる。後で調べたら、シロオニタケの幼菌状態らしい。食べると毒だ。似たようなもので、オニフスベというさらに巨大な球状キノコがあるようだが、そちらは食用OKらしい。

hasetsune_practice2_12

市道山分岐から先、倒木や要注意個所にmontrailとMOUNTAIN HARDWEARのテープが巻いてあった。ブランドのロゴが併記されているのは、どちらもコロンビアの傘下であるからだろう。

hasetsune_practice2_13

醍醐丸から生藤山に向かう途中、連行峰と呼ばれるピークまでは、コース断面図の通り、ジグザグで傾斜はそれほどでもないが、ひたすら登りだった。これまでの傾向から、公式コースでは巻き道があるところも常に山頂まで登らされるのかと思ったが、生藤山は迂回してよいとわかった。

hasetsune_practice2_14

三国山手前のピークも巻き道でパスできる。

hasetsune_practice2_15

標高960メートルの三国山は、ベンチとテーブルがあってちょっと休める。振り返れば今熊山からここまで、座って休める場所が少なかった気がする。醍醐丸の分岐にベンチがいくつかあったくらいだ。本番では席の取り合いになるかもしれないが、浅間峠は関門設置で混雑していそうに思うので、三国山で休んでおくのが吉かもしれない。

hasetsune_practice2_16

三国山は南西の眺望がよく富士山も見えた。本番の予想タイムでは醍醐丸あたりで日が暮れているはずなので、拝むことはできない景色だろう。

hasetsune_practice2_17

三国山からしばらく進むと「軍刀利(ぐんだり)神社」の元社があった。さすがにこんなことろまで参拝に来るのは困難らしく、今熊神社と同じで、南の上野原に降りた方に奥ノ院や本殿、社務所があるらしい。

hasetsune_practice2_18

ここから浅間峠までは下り基調で走りやすかった。熊倉山を抜けたあたりでサルに遭遇。逆方向から向かってくるトレイルランナー1名とすれ違い、浅間峠に到着。ここは珍しく東屋があり、広くてベンチもあるので、第一関門として設定しているのだろう。本番では22時がリミットだが、大きなトラブルがなければ何とかそれまでにたどり着けると思う。

hasetsune_practice2_19

浅間峠で休んでいると、ものすごいスピードでランナーが2名駆け下りてきた。山の中とは思えないマラソン用のウェアに軽装備で、胸に自衛官と書いてあった気がする。全身日焼けしてむきむきで、トライアスロンでもトレランでも、やはり自衛隊の方は鍛え方が違うと思った。

浅間峠~日原峠~土俵岳~丸山~西原峠~槙寄山

ここから三頭山まで10km以上、さらに標高を上げていくはずだが、西原峠までは比較的緩やかで走りやすい道だった。ロードバイクであれば、風張峠と鶴峠に向かうそれぞれの道の間にある尾根。奥多摩の中心に迫りつつあるが、これまで走ってきたルートよりもずっと道がよい。

hasetsune_practice2_20

日原峠から土俵岳の間で標高1,000mを通過。日原峠の標識はハセツネの距離表示と一体化している。

hasetsune_practice2_21

快適な道すがら、たまに地蔵や石碑があったりする。

hasetsune_practice2_22

後半区間で気になった路上の栗だが、土俵岳を過ぎると急に数が増えてきた。ソールの固いトレランシューズなので、問題ないかと思って特に気にせず走っていたら、アッパーのメッシュを貫いて足の甲に刺さった。避けようがないくらい散らばっているのだが、なるべく栗は踏まない方がよさそうだ。

hasetsune_practice2_23

丸山、笛吹(うずしき)峠より先は道端の笹が増えてきた。地図に笹尾根、笹ヶタワ峰とあるのはだてでないらしい。自分は着圧タイツをはいているからましだが、足が露出していると笹で切れまくるのではないかと思う。(浅間峠から先はハセツネの道標がなく正式なルートがわからなかったのだが、本番で丸山は登らず巻き道に逃げてよいとわかった)

hasetsune_practice2_24

同様に上からも枝とか蜘蛛の巣が襲ってくるので、夜間でも帽子はかぶっていた方が安心な気がした。トレランを始めてだいぶなれてきたが、やはり顔面や口の中に蜘蛛の巣がまとわりつくのはいい気分ではない。

槙寄山近くで、そろそろ都民の森の最終バスに乗るには厳しい時間になってきた。間に合わなければ尾根からエスケープして、数馬の湯あたりで帰りのバスに乗る計画だったが、なんとなくハセツネルートを外れると道が険しそうなのと、レース前にコースを走破しておきたい気がしたので、そのまま走り続けた。西原峠から北東にも南西にも下りられる道があるので、三頭山に登る気力がなければここで下山する選択肢もあるだろう。

hasetsune_practice2_25

西原峠はベンチもあり、南西の眺望がかなりよい。遠くに富士山も見えた。ここまではハセツネ公式マップに「アップダウンが少ない広い尾根」とあり、さほど広いとは感じなかったが走りやすい道だった。

hasetsune_practice2_100

西原峠から先、槙寄山~三頭山に向けて400mくらい標高を稼ぐことになる。しばらく下り基調だったので、登り坂で別の筋肉を使えて、気分転換にかえってよいかもしれない。特に急な坂はなく、一か所だけ岩場があったが、大岳山周辺のように手を使うほどではない。

hasetsune_practice2_26

大沢山に到達する前で、三頭大滝~島民の森への分岐に到着。これで3回に分けて試走したハセツネルートが完結した。

今年に入ってから大岳山、御前山を踏破し、奥多摩三山は残すとこ...

初参加でしかも夜中に走るとあって、どんな道かと不安でいっぱいだったが、なんとなくコース上の難所や休憩スポット、山の名前と順番も覚えられた気がする。ロードバイクで奥多摩に通い始めて5年くらい経つが、トレイルはまだまだ未開拓だった。山は奥が深い。

hasetsune_practice2_27

都民の森~数馬の湯からバスで武蔵五日市駅へ

17時近くになると、森の中はだいぶ暗くなってきた。「石山の路」を下り、沢に出て三頭大滝に到着。

hasetsune_practice2_28

途中の展望台で、東方向の眺望を確認できた。これまで通って来た山と尾根をおぼろげに理解。土俵岳は特徴があるので見分けられそうだが、ほかは覚えにくそうだ。

hasetsune_practice2_29

ウッドチップが敷き詰められた遊歩道を快適に走って、都民の森入口に着いた。16:45の最終バスが出た後では売店も閉まってしまうらしい。まったくひと気がなかったが、バイクでツーリングに来ている人は何名か見かけた。

hasetsune_practice2_31

日が暮れた奥多摩周遊道路を歩いて下りる。都民の森から数馬の湯まで、いつものロードバイクなら一瞬だが、歩くと1時間くらいかかった。しかもこんな夜中に片側交互通行で工事していたり、風張峠から大型トラックがばんばん下りてきて恐怖だった。

hasetsune_practice2_32

数馬の停留所でバスが折り返すらしく、電灯と屋根付きの豪華な待合所があった。次のバスまで時間があったので、もう少し歩いて数馬の湯に向かった。

hasetsune_practice2_33

温泉の方は入浴客を乗せるためか、平日でも20:52までバスが出ているようだ。バス待ちの時間に温泉でトイレを借りて、売店で地元の里芋とサヤインゲンを買って帰った。

hasetsune_practice2_34

18:48のバスは、武蔵五日市駅まで自分一人しか乗っていなかった。西東京バスはSuicaが使えて936円もするが、奥多摩行きの便で採算が取れているのだろうか。閑散としたJR五日市線の上りに乗って無事帰宅した。

最高気温33度、8時間で水3リットル消費

今日は10月してはめずらしく最高気温33度の予報で、山の中は多少涼しいとはいえ、どんどん水を消費した。普段より多めに、2リットルのハイドロパックに500mlボトル2本を差してトータル3リットルで臨んだが、最後は全部飲み尽くしていた。

本番では月夜見山第二駐車場で1.5リットルの給水があるだけなので、天候によっては今回と同じ3リットルは運ぼうと思う。大会要項の必要装備に「水2リットル」と書いてあるのは冗談ではない。即リタイア必至のライト切れに比べればましだが、水切れ・食料切れ、ハンガーノック遭難は避けたいところだ。

ポカリの粉を混ぜて甘くすると、おいしくて500mlくらい一気に飲んでしまうのは問題かもしれない。薄めにつくるか、真水と交互に飲んで貴重な水を温存させたい。普通のマラソンやトライアスロンだと水分補給はエイドの給水に頼っているが、16時間以上の競技時間で必要な水分も全部背負って運ばなければならないハセツネはやはり過酷だ。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280