GIANTの横置き型輪行袋SUPER LIGHT BIKE BAGレビュー

ボトルケージが増えたので、かねてから興味があった小型の輪行袋をセットしたいと思った。いくつかある類似商品を検討して、まわりで使っている人が少なそうなジャイアントの製品を選んでみた。東急ハンズの自転車パーツコーナーに売っていて、手軽に手に入ったという理由もある。ゴールデンウィーク中、ハンズクラブアプリの10%オフクーポンを使って、税込3,694円で購入できた。

bikebag03

何度か輪行で使ってみた感じは問題ないが、きわめてコンパクトな代わりにボトルケージに収まるようたたみ直すのに苦労した。毎週のように展開して使うのは大変な気がするが、ツーリング中トラブル時のお守りとして携帯するには十分なクオリティだ。

bikebag05

万が一のトラブル対策に輪行袋を携帯したい

これまでロードバイクのツーリング中に、パンク以上のマシントラブルに見舞われたことはない。3年前にチューブレスタイヤに変えてから、出先で一度もパンク修理をしていない。派手にパンクして内圧が下がってもシーラント液でしのいできた。

タイヤがふにゃふにゃの状態でもビードが落ちることはなく、なんとか数自走して帰れるのがチューブレスの不思議なところだ。ロードバイクに乗り始めてから、せっかく覚えたクリンチャーのパンク修理法は忘れつつある。

しかし落車してフレームが割れたりホイールが歪むとか、山の中で猿にサドルを盗まれるとか、いつか不測の事態で立ち往生するときがあるかもしれない。奥多摩の柳沢峠に上る途中など、鉄道駅から遠く離れた山道で日が暮れて、寒くてたまらないなんてことになったらゾッとする。

そこでもし輪行袋があれば、少なくとも最寄りのバス停までバイクを運んで、袋に包んで持ち帰るという選択肢が取れるはずだ。輪行袋がなくゴミ袋で間に合わすというのはルール上、好ましくなく、サバイバルテクニックとしてはおすすめできない。

TIOGAコクーンは収納楽だが電車でかさばる

以前持っていた車は処分してしまったので、練習で遠出したり他県のヒルクライムレースに出る機会があれば輪行袋の出番も増えるだろう。今持っているタイオガのコクーンは後輪を付けたまま包めるので便利だが、電車の中ではかなり場所を取る。

伊豆大島のトライアスロン大会に出るため、新橋のフェリーターミナルまでコクーンで都心を輪行したら、さすがにまわりに迷惑がかかりすぎて、もう使うのが嫌になってしまった。輪行袋としては、やはり前後輪外してコンパクトになる形状でかつボトルケージに収納できるタイプが望ましい。

オーストリッチ、モンベルの売れ筋輪行袋と比較

極小サイズの輪行袋で一番の売れ筋はOSTRICHのL-100だろう。縦型で持ち運び時も場所を取らなそうだが、フレーム保護のためエンドに金具を挟む必要がある。

同じくOSTRICHのリア用エンド金具は持っているが、アルミ製で頑丈な代わりに結構場所を取る。サドルバッグにも収まらないサイズで、日常的に持ち運ぶのは少々厳しい。

一方、エンド金具のいらない横置き型輪行袋ではモンベルの「コンパクトリンコウバッグ」が定番だ。シートを自転車にかぶせて巾着を閉じるだけというお手軽仕様で、オーストリッチL-100よりはかさばるがボトルケージは収まる。

両者を比べて着脱が楽そうなモンベル製品でよいかと思ったが、色がグレーでロゴが微妙に目立つ。また、ジャイアントの輪行袋の方が若干安く、ネットのレビューも少なかったので、あえてそちらを選んでみた。

巾着袋の下からパーツが落ちやすいので注意

GIANTのSUPER LIGHT BIKE BAGは、モンベルのコンパクトリンコウバッグと同じ横置きの巾着型だ。簡単な説明書が付属している。

bikebag01

収納時にバイクを逆さにするので、トップチューブ上の補給食バッグの口が緩んでいると、中身がぼろぼろ落ちて巾着の閉じ口から脱落してしまう。ハンドルに付けているライトやサイコン類も要注意だ。パーツが穴から落ちてもそのまま気付かない恐れがある。

bikebag02

外袋がタイトすぎてジッパーが閉まりにくい

収納時は付属のストラップで車体とタイヤを複数個所固定するが、マニュアル通りにすべてのストラップを使わなくても十分固定できそうだ。クリップ型のプラスチック留め具が扱いにくく固定力もやや不安なので、ストラップは東急ハンズなどで別途ベルクロテープや結束バンドを買って交換してもよいかもしれない。

bikebag04

使い終わって袋に戻す際、念入りに空気を抜いて元通りに折りたたもうとしたが、どうしても中身が収まらず外袋のジッパーを閉じられなかった。極限までコンパクト化されているので、サイズの遊びがないようだ。何度か試行錯誤して、同梱のストラップ6本のうち3本抜いたら、なんとか収まった。ストラップは必要以上に入っているので、注意して運べば3本くらいでも十分な気がする。

bikebag09

SUPER LIGHT BIKE BAGを効率的に収納するコツについて、以下にまとめてみた。

輪行袋GIANT SUPER LIGHT BIKE BAGの効率的な収納方法
必要最低限の機能と収納時のコンパクト性が売りのSUPER L...

チェーンとスプロケットカバーの併用もおすすめ

念のため追加でチェーンやスプロケットにカバーをかぶせておくと、収納時に汚れがつきにくい。

bikebag07

それぞれパーツを保護する効果もわずかながら期待できる。

bikebag08

使っているカバーはどちらもオーストリッチ製で、それぞれ1,000円未満で手に入る。たいしてかさばらないので、ストラップと一緒に輪行袋に収めておけばよいと思う。

輪行袋を収納したボトルケージがすぐに壊れた

試しに一度、都内で輪行してみたが、あとはサドル後方のボトルケージに入れっぱなしにしている。最初に入れていた安物のプラスチック製ボトルケージは、ジャイアントの輪行袋を入れるには少々きつかったのか、無理やり入れたらすぐに折れてしまった。壊れたボトルケージが高価なカーボン製でなくてよかった…。

bottlecage06

SUPER LIGHT BIKE BAGを収納するなら、ゆとりがある幅広仕様でアルミかスチールの頑丈なボトルケージがよさそうだ。代わりに買ったBBBのFUELTANKというアルミのボトルケージは、1,000円未満と安価なわりにしっかりした作りで、GIANTの輪行袋にもばっちりフィットする。

サドル後方ボトルケージ破断。格安BBBアルミ製FUELTANKに交換
サドルの後ろに取り付けていたプラスチック製のボトルケージ(B...

雑に収めたのでジッパーが閉まり切っていないが、万が一の脱落防止用にビニールタイなどで留め具をボトルケージに結んでおけばさらに安心だろう。サドルの後ろに装着すると実際かなりの振動が加わる。

bikebag06

ジャイアントは見た目がシンプルでモンベルよりおすすめ

SUPER LIGHT BIKE BAGは収納方法にコツが必要だが、税込5,000円を切る価格としては使用感も耐久性も問題なさそうだ。黒い袋に小さくGIANTとロゴが入っているだけなので、フレームにセットしても目立たないのが好感を持てる。「コンパクトで便利な横置き型の輪行袋が欲しいが、モンベル製品は見た目がダサい」と思っている人にはGIANTがおすすめだ。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280