皆生トライアスロン2016 観戦

鳥取の大山(だいせん)登山のため、米子駅から登山口の大山寺までバスで移動する途中、皆生(かいけ)トライアスロンを観戦することができた。米子市内の宿もゴール会場に近く、最後のランパートとフィニッシュする選手を応援。こんな暑い時期にレースをやるとは思っていなかったので、鉢合わせたのはまったくの偶然だが、いつか出てみたい大会で、少し予習もできた。

kaike_watch14

バスからバイク観戦

大山に向かう途中、TTバイクに乗った人が路肩を走っていた。さすが皆生温泉が近いのでトライアスリートも多いのかと思ったら、バスの運転手さんからアナウンスがあり「今日は皆生のトライアスロン大会なので、到着までちょっと時間がかかりますよ」とのことだった。

kaike_watch01

登山道に入ると、ゼッケンをつけた集団がバイクで上っていた。このレースは交通規制をしないらしく、車やバスも並走してちょっと危なっかしい。大山に向かう県道24号はわりと通行量が多く、バス停もいくつかある。登山口までは、乗馬やアスレチックくらいしかないので、バスに乗るお客さんは少なそうだが、停留所にスタッフが立っていると律儀に止まってドアを開ける。

kaike_watch02

車にただ乗っているだけだと傾斜がわからないが、選手がみなよろめいているところを見ると、かなりきつそうな上り坂だ。後ほど同じ道を走って下りたら、勾配8~10%の表示があった。そのうち「標高300m」の案内板が見えたが、海面からここまで上るトライアスロンのレースはめずらしいだろう。皆生のバイクパートは標高差約400m、獲得標高も2,000mくらいあるらしい。

kaike_watch03

県道36号との交差点で、バイク集団とは右折して別れたが、そこはさすがにスタッフが車を止めて交通整理をしていた。車は渋滞して、マラソンやトライアスロン大会で不便を被る近隣住民の気持ちが理解できた。

ラン終盤を応援

大山登山から戻って夕方、予約したホテルの脇をランナーが走っていた。本当は皆生温泉か米子駅に近い宿を予約したかったが、昨晩ネットで見たらどこにも空きがなかった。900人くらいのレース参加者で埋め尽くされていたのだろう。大会とかぶって宿が取れない旅行者の気分も味わった。

kaike_watch16

最後の2km地点、ランナーは歩道を走っていて、ここでも交通規制は行われていない。道路を横断するにも歩道橋を渡っていて、つらそうだ。離島のレースと違って「街を挙げての応援」という感じはなく、人知れず沿道をとぼとぼ走っている印象。

kaike_watch10

米子駅のコインロッカーに預けた荷物をピックアップしたら、改札前に大きな看板が出ていた。皆生は「鉄人の聖地」。1981年に国内ではじめてトライアスロンのレースが行われたらしい。4月に参加した宮古島も1985年から続く老舗の大会で、南国のリゾートとあって人気も高いが、皆生の方が歴史は古いらしい。

kaike_watch05

日も暮れてきた川沿いの道を走るランナー。最後のエイド付近で応援。トップ選手はもうゴールしている時間帯だが、タイム的には中間くらいの層だろうか。最後の2kmできつい区間だと思うが、歩いている人はいない。

kaike_watch06

交差点では信号待ちが行われる模様。間が悪く止められたら不運だが、休めてうれしいともいえるか。

kaike_watch07

ゴール会場の様子

ゴールは陸上競技場になっていて、選手がゲートを入ってくる眺めは、宮古島とそっくり。制限時間になると、このゲートも無常に閉められてしまうのだろう。

kaike_watch08

最後にトラックを1周してゴール。待機していた家族や仲間とゴールする人が多かった。

kaike_watch09

ゴール後は水とバナナの補給があるくらいで、大人しく解散。打ち上げは翌日のパーティーで、という感じ。何となくこれまで参加したロングの大会に比べると、地味でこじんまりした様子。競技場の外に屋台は多く出ていた。

kaike_watch15

皆生温泉のトライアスロン記念碑

翌日、レンタサイクルを借りに皆生温泉に行ってみると、海岸にトライアスロン発祥の記念碑があった。

kaike_watch11

宮古島と同じで、マンホールの模様もトライアスロン。

kaike_watch17

当時はマイナーなスポーツだったに違いないが、「皆生」とググれば温泉よりもトライアスロンがトップに出るほど、名物になっている。

kaike_watch12

皆生温泉もレース関連で知ったのだが、年間50万人も訪れ「山陰の熱海」と呼ばれる名湯らしい。今回、温泉には入れなかったので、次回はぜひ試してみたい。温泉宿のトライアスロンというのも、草津のヒルクライムのようで楽しそうだ。

kaike_watch13

ここ毎年、佐渡、五島、宮古島と、国内のロングディスタンスに続けて参加してきたので、来年はぜひ皆生に挑戦してみたいと思う。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280