鳥取の大山登山(夏山登山道&ユートピア)

大山というと、神奈川県の人は丹沢の大山(おおやま)を思い浮かべるが、全国的には鳥取の百名山、大山(だいせん)を指すらしい。島根出張後の連休を利用して、大山の夏山登山道経由で山頂へ。さらに「中・上級者向け」というユートピアルートも登ってみた。

米子駅からバスで大山寺へ

米子駅から登山口がある大山寺まで、片道720円でバスが出ている。午前中は7:20と9:20発の2本しかないので、松江を朝出て、米子駅のコインロッカーに荷物を預けてすぐ乗車した。大山寺付近には観光客向けの飲食店や宿があるが、コンビニはないので、食料・水分は駅構内のセブンイレブンで調達していった方がよい。松江方面からJRで来ると、米子駅到着からバスの出発時間にあまり余裕がないので、間に合わなければ登山口の脇にあるモンベルで補給食が手に入る。山頂の山小屋でも高価だが水や食料は売っている。

daisen04

大山に移動中、たまたま皆生トライアスロンの日とかぶっていたことがわかり、思わずバスからバイクパートを観戦することができた。

daisen01

夏山登山道で山頂へ

バスを降りたところにある大山情報館で装備を整え、大山寺に向かう坂道を途中で右折。モンベルの前を通って駐車場のところから夏山登山道に入った。

daisen05

すぐに阿弥陀堂というひなびたお寺が目に入る。1552年建築の重要文化財らしい。神奈川の大山と同じく、鳥取の大山でも山岳信仰が行われていて、こちらは明治22年までは一般の入山が禁止されていたらしい。

daisen07

登山道を走って来るトレイルランナーが2名。この汗だく具合から察すると、さらに麓から走ってきたのだろうか。途中何度か抜いたり追いついたりで、自分もよいペースで登れた。

daisen06

登山道はわりと傾斜がきつく、ところどころ瓦礫も多い箇所があるが、基本的に石段が整備されていて登りやすい。

daisen08

登山口がすでに800m近くの標高なので、時々振り返ると米子の市外や弓ヶ浜半島を見渡せる。山頂付近は始終ガスがかかっていて全貌がわからない。

daisen10

五合目の次に、行者谷コースとの合流点があり、六合目は避難小屋もあって休んでいる人が多い。富士山のように、山頂に近づくほど傾斜がきつくなるという感じはなく、常に同じくらいの斜度で尾根沿いに直線的に登っていく。

daisen11

夏山登山道は小学生の遠足や、高齢者のグループなど様々だが、6合目を過ぎると疲れてあちこちで休んでいる人が増えてくる。最後の方は、道が狭くなり渋滞が発生していた。3連休の中日で天気もよく賑わっていて、登山道から山頂まで200人くらいいたように思う。

daisen12

大山山頂

八合目を過ぎると、視界が開けて山頂が見えてくる。ダイセンキャラボクというイチイ変種の低木が群生する中を木道が渡してあり、見渡す限りの草原で絶景。

daisen13

ここからは勾配も緩いので、行列に連なりながら歩いていくと、山小屋に到着。

daisen16

もう少し登ったところに標高1710.6m山頂の石碑があり、一方通行で周遊できるルートになっている。

daisen14

ついでに石室(いしむろ)をまわるルートも周回してみた。石室はなかば崩壊しているが、昔の避難所跡で、周辺に宗教行事に使われた地蔵ヶ池・梵字ヶ池という池もあった。

daisen19

山頂からふもとを見渡すと、草原の上をそのまま雲の上を歩いて行けそうなくらい、雄大な景色を拝める。周囲にほかの山も、視界を遮る木々もなく、Windows XPの壁紙のような感じ。地元の奥多摩エリアにこういう山頂はなく、最近登った山では五島の鬼岳を思い出す。

daisen18

いったん下山してユートピアへ再登頂

山頂の景色を堪能した後、夏山登山道を五合目付近の「行者谷別れ」まで下山。下りはさらに行列で時間がかかった。分岐点から谷の方に下る道はぐっと人数が減って、広い枯れ沢を横断する。

daisen21

次の分岐点で、「下宝珠越・ユートピア避難小屋」という道標が指す先は、夏山登山道とは打って変わって苔むす岩場だった。すぐに合流した林道で案内板を読み違え、舗装路を登っていくと、先ほど通った元谷の分岐に逆戻りしてしまった。

daisen22

林道を下り直して、ユートピアコース登山道という看板が示す方向へ。一見、道とは思えない茂みだったので、無意識に林道に進んでしまったようだ。

daisen23

ユートピア避難小屋へ

わずかな踏み跡を頼りに岩場を登るが、あたりに人もいなくなり、霧も出て心もとなくなってきた。木の根がボコボコ這い回る道に変わると、傾斜もきつく、手をつかないと登れないくらいハード。さすが、「中・上級者向け」といわれるルートで、急勾配の岩場はトレランシューズでも滑って頼りない感じだった。

daisen25

道端の藪も生い茂っていて、短パンではちょっときつい。時期的に不要かと思ったが、ジップオフの裾を持ってきてよかった。ユートピアへの道は険しい…。

daisen26

ある程度進むと、下りてくるグループ何組かとすれ違った。みな本格的な登山装備で慣れている感じだ。ところどころ、これで終わりかと思うようなピークを越えるが、まだ先は長い。

daisen27

ロープや枝につかまりながら、滑りやすい斜面を登り、滑落しそうな崖っぷちを慎重に伝って進むと、三鉾峰との分岐を経て、避難小屋が見えてきた。高山植物が咲き乱れる草原で、霧の中に浮かぶ小屋は、まさにユートピア。ゲームボーイの『魔界塔士SaGa』なら、老人からエクスカリバーを授かれそうな雰囲気だ。

daisen28

大神山神社奥宮に向けて下山

避難小屋の先にも象ケ鼻という頂きがあるようだが、今回はここで引き返した。山頂は風光明媚な大草原だったが、ひと気のない霧の中のユートピアも趣があった。

daisen29

往路で路面の状況はつかめたので、早いペースで下る。ところどころ険しい難所は下りのお客さんで渋滞気味。途中、立ち入り禁止のヤバそうなコースに進んでいくベテランがいたが、いつも通っている道で、そっちの方が近道らしい。

daisen32

霧の中、ぽつぽつ雨も降り始めた頃、神社の裏手に到着。この標高にしては、かなり巨大な神社だ。

daisen33

霞がかる石敷きの参道は神妙な雰囲気で、ついでに石段を上って大山寺の方も見学。

daisen34

お寺も神社も、車かバスで来て歩ける距離にあるので、山には登らない参拝客も多そうだ。

daisen37

島根・鳥取であちこちにある、無料の足湯で体力回復。バスの出発まで微妙に間が悪かったので、バス代節約と下り坂トレーニングのよい機会と思って、米子市街まで20kmほど走って下山することにした。

daisen38

米子までランニング

大山寺と米子をつなぐ県道24号は、裾野に沿った一直線の道路で、富士山の吉田付近を彷彿させる。ところどころ、斜度8~10%くらいの表示があり、自転車で上るにはなかなか厳しそうだ。

daisen40

途中いくつかあった「落下注意」の標識は、有名な酷道157号「落ちたら死ぬ」看板のビジュアル版という感じ。

daisen41

標高が下がると気温も上がってきつくなってきたが、国道9号に合流して日野川を渡り、米子市街まで淡々と走った。

daisen42

富士見町駅の近くで予約したホテルが、たまたまトライアスロンのゴール会場近くだった。街中にポスターが貼ってある。チェックインしてから米子駅のコインロッカーで荷物を回収した後、終盤のランナーを応援しながらゴール会場まで行ってみた。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280