キャプテンスタッグの反射バーエンドプラグ

通勤中、夜間の246号でバーエンドが光っているロードバイクを見て興味を持った。バーエンドの反射面積は小さいが、後ろから見ると、車体の外側にあるので意外なほどよく目立つ。調べてみると、反射板が仕込まれたものと、LEDでアクティブに発光するタイプもあるらしい。電池交換が面倒かと思って、とりあえずパッシブな反射タイプのものを購入してみた。

bar_end_plug_light03

キャプテンスタッグの「反射するバーエンドプラグ」

類似製品はいくつかあるが、これが一番目立ってよさそうだった。CAPTAIN STAG、パール金属のアウトドア部門で、金物は安価で良質なのでよくお世話になっている。このバーエンドプラグも信頼の燕三条製か?

bar_end_plug_light01

価格は300円もしないのだが、意外と都心の自転車ショップや東急ハンズでも取り扱いがなく、通販で買うことになった。たまたま5月末までの楽天期間限定ポイントがあったので消化したが、送料込みだと800円もしてしまった。

bar_end_plug_light02

取り付けた感じとしては、既存のバーエンドより大型で、若干ハンドル径からはみ出る。わずかでも空気抵抗が気になるなら、強度を損なわない程度にプラスチックの周辺部をやすりで削ってもよいかもしれない。

bar_end_plug_light04

また、ボルト固定でなくねじ込み式なので、次第に緩んで落ちてくる可能性がある。以前、小型のバーエンドミラーを付けていたが、気づいたらなくなっていてショックだった。壁に立てかけた時に、荷重がかかって外れてしまったのかもしれない。小型で視認性はやや劣るが、空気抵抗が少なそうでトライアスロン向けにはおすすめのミラーだった。

ちなみにロードバイクの中では、わりとどうでもいい飾りのパーツと思っていたバーエンドプラグだが、安全上の超重要アイテムだと知った。バーエンドを付けていないと落車時にハンドルが脚に刺さる恐れがあるという。中空パイプの鋭利な断面は、むき出しだと非常に危険らしい。

さらに安全性を追求するなら自己発光タイプも

発展形として、電池内蔵でLED自己発光するバーエンドライトも存在する。路上であまり見かけたことはないが、ここまでやれば安心感は増すだろう。単4電池なので、結構バッテリーの持ちもよさそうだ。


自転車のテールライトは、サドルバックやボトルケージとの兼ね合いで、取り付けに工夫が必要だったりするが、バーエンドのライトは干渉を気にせず、低コストで簡単に導入することができる。後方からの視認性が高く、コストパフォーマンスは高いと思うので、ぜひ検討してみてはいかがだろう。

スポンサードリンク
tboy_336x280
tboy_336x280
スポンサードリンク
tboy_336x280